ソフトバンクへの新卒採用希望者必見!内定獲得のためのマニュアル集 | 採用bank
業界・企業分析

ソフトバンクへの新卒採用希望者必見!内定獲得のためのマニュアル集

ソフトバンクは、電気通信事業者やインターネット関連会社などを傘下に置く大手企業です。それゆえ、ソフトバンクに就職したいと考えているライバルはとても多く、新卒で簡単に内定を取れるほど、甘い企業ではありません。しかし、他のライバルよりも綿密にソフトバンクに受かるための対策を行えば、あなたも十分内定を掴みとることが可能になります。

この記事ではソフトバンクが新卒採用で募集している職種や、求める人物像、面接対策などについて具体的にまとめましたので是非、参考にして下さい。

NTTドコモへの新卒採用希望者必読!受かるためのノウハウ集新卒の社員としてNTTドコモで働きたいと思う学生も多いのではないでしょうか。そこで今回は、NTTドコモで働きたい新卒学生向けに面接フローや募集している職種、面接でよく聞かれることなどをまとめました!...
NTT東日本への新卒採用希望者必見!内定獲得のためのマニュアル集NTT東日本に新卒採用で入社するにはどのような対策をすればよいでしょうか。NTT東日本が新卒採用で募集している職種やNTT東日本が求めている人物像、そして過去の面接を参考に回答のポイントを具体的に説明していきます。...

ソフトバンクが新卒採用で募集している3つの職種

そもそもソフトバンクはどのような職種で新卒採用を行っているのでしょうか。ソフトバンクが募集している3つの職種について、具体的に説明していきます。

総合職

総合職で採用された場合、個人の能力や希望を踏まえて下記のコースいずれかに配属されます。

  • 総合コース
  • 営業コース
  • エンジニアコース

アソシエイト職

アソシエイト職は、営業部門や企画部門、管理部門や技術部門に携わります。各部門の企画立案や社内外調整、業務改善の提案型サポートを担当します。

販売職

販売職は、各種移動通信サービスやブロードバンドサービスの提案・販売などに携わります。

ソフトバンクが求める3つの人物像

ソフトバンクが求める人物像にあなたが合っていれば、新卒採用で内定をつかみ取れる可能性は高まります。それでは、どのような人物像を求めているのか具体的に説明していきます。

チャレンジ精神がある人

ソフトバンクは勤続年数に関わらず、様々な業務に携わることができる特徴があります。そのため、すでに活躍している人は「やりたいことを追求してほしい」と述べています。達成してみたい夢がある、ソフトバンクを通じてやってみたいことがあるなど、チャレンジ精神がある人材をソフトバンクは求めていると言えるでしょう。

自らチャンスをつかみ取れる積極性がある人

ソフトバンクには、自ら手を挙げた人にチャンスを与える企業文化が根付いています。そのため、研修受講や他部署への異動、新規事業提案などはすべて挙手制になっています。ソフトバンクのホームページには「チャンスを掴むかどうかは自分次第」と書かれています。

ソフトバンクは、チャンスと掴むために積極的に行動していける人材を求めていると言えるでしょう。

怖がらず失敗していける人

ソフトバンクに入社すると「エルダー」と呼ばれる先輩社員が付きます。ソフトバンクですでに活躍している人は「エルダーの先輩社員から“安心して失敗していいよ”“リカバリーは任せてくれ”と言われたことで不安を払拭できた」と述べています。ソフトバンクには「失敗してもいいからチャレンジしてほしい」という風潮があります。

怖がらずに失敗していける人材を、ソフトバンクは求めていると言えるでしょう。

ソフトバンクの新卒採用における選考フローと面接対策

ソフトバンクの新卒採用は、どのような選考フローを踏んで、どのような質問を面接で聞かれるのでしょうか。それぞれを具体的に説明していきます。

選考フロー

新卒採用の選考フローは下記の5ステップで進んでいきます。

  1. ES
  2. インターン
  3. 一次面接
  4. 最終面接
  5. 内定

上記はエンジニア職の選考フローです。職種によってはインターンがありませんが、基本的に上記のような流れで新卒採用の選考が進みます。

過去に聞かれた質問内容と回答のポイント

ソフトバンクの新卒者向け面接では一般的な質問のほか、チャレンジしていける人材かどうかを見極めるための質問をされる傾向があります。ここでは新卒採用で実際に聞かれた質問や回答のポイントについて説明していきます。

過去に自分がチャレンジした経験はありますか?

ソフトバンクは「チャレンジ精神」がある人材を求めています。失敗した経験でも問題ありませんので、チャレンジした経験は積極的にアピールしていきましょう。失敗した場合は、そこからの学びをどうソフトバンクで活かすか伝えてみましょう。

研究で辛かったことは?それをどうやって乗り越えたか?

困難が訪れても乗り越えていける人材かどうかを見極められている可能性があります。研究に限らず「○○で辛かったことは何か?どうやって乗り越えたか?」と聞かれる可能性があるため、対策しておきましょう。

複数社から内定をもらえた場合はどうやって入社する企業を選ぶ?また、その決め手について教えてもらえる?

どのような価値観を持っている人なのか見極められている可能性があります。自分の夢や価値観のもと、会社を選ぶ基準を素直に伝えてみましょう。その上で自分の夢達成、もしくは価値観になぜソフトバンクが必要なのかを伝えられるとなお良いでしょう。

ソフトバンクで働く人の声

ソフトバンクで働いている人は実際どのように感じているのか、みなさんの声を紹介していきます。

販売サービス系
販売サービス系
携帯電話端末やiPadの操作に詳しくなる。特にアンドロイド端末は種類が多く、それぞれ微妙に画面表示が違うので、全体的に知識が増える。ワイモバイルを含めて、携帯料金プランに(他社も含む)詳しくなれるので、自身の契約を常に最適化することが可能。PayPayやYahoo!Japanと連携しているので、お得なサービス等の利用機会は多い。実際、PayPayモールやPayPayフリマ、Yahoo!ショッピングなどの特典を、お客様に伝えるためしっかり覚えるので、自身も活用出来る。
販売サービス系
販売サービス系
育休産休は、しっかりおやすみもらえます。その点に関しての管理はSBなので大丈夫です。時短勤務に関しても、上長への相談でなんとかなる場合があります。
販売・サービス系
販売・サービス系
覚えることがたくさんで複雑なので、とてもたいへんです。覚えるのにも苦労する、覚えても複雑すぎて間違えるなどはありますが、お客様に納得して契約をしてもらえた時、次回もお願いしますと指名された時、あなたなら安心だ!と言ってもらい、複数の契約が取れた時など。ソフトバンクは今や携帯だけでなく、固定回線、家の電話、テレビ環境、PayPayなどたくさんなので、たくさんやりがいがある仕事だ!と思える事が多い環境だと思います。

引用元:カイシャの評判

志を高く行動できる人はソフトバンクで活躍できる!

ソフトバンクは「情報革命で人々を幸せに」という経営理念を掲げています。経営理念のもと、人々の悲しみを和らげたい、情報テクノロジーが持つ力で人々の幸せに役立てたいという想いで日々チャレンジを続けています。

孫正義会長は「私たちの志に、心が震えるほどの興奮を感じられる人が欲しい。もし、君がそういう人物ならば、ぜひとも一緒に仕事をしたいと思う」と述べています。ソフトバンクや孫正義会長よりも「志高く」行動できる自信がある人材は、きっとソフトバンクで活躍できるはずです。

ソフトバンクの待遇を紹介

ソフトバンクに入社しようと考えている新卒の方は、ソフトバンクの待遇についても気になりますよね。ここではソフトバンクの平均年収や福利厚生について具体的に説明していきます。

平均年収は1,000万円以上!

有価証券報告書によると、ソフトバンクの平均年収は1,030万円でした。年齢別に見た平均年収は下記の通りです。

  • 20代:341~795万円
  • 30代:812~944万円
  • 40代:939~1,188万円
  • 50代:1,163~1,262万円
  • 60代:759~1,262万円

部長クラスになると、平均年収は1,700万円を超えるため、高収入も夢ではありません。

ソフトバンクは福利厚生も充実している

一部ではありますが、ソフトバンクには下記のような福利厚生があります。

  • 休暇制度
  • 新卒住宅補助
  • 社員持株会
  • 財形貯蓄
  • 確定拠出年金
  • 確定給付年金選択拠出制度
  • 関東ITソフトウェア健康保険組合
  • 社員食堂
  • ソフトバンクホークス野球観戦
  • ベネフィット・ワン

ソフトバンクは、ベネフィット・ワンを導入している特徴があると同時に数十種類の福利厚生があり、とても充実しているといえます。

ソフトバンクの新卒採用を受ける前にもう一度チェックしよう

ソフトバンクは「志高く」という考え方を大切にしています。そのため新卒採用面接でも「どのような“志”を持って、ソフトバンクに貢献していきたいのか」といった点をアピールしてみましょう。その思いはきっとソフトバンクに伝わるはずです。もう一度求める人物像や面接対策を確認して、あなたもソフトバンクの新卒採用で内定をつかみ取ってくださいね。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で採用bank/新卒・中途の採用支援をフォローしよう!