就活・面接対策

これで内定確実!? 自己PRに悩む新卒学生でも評価を爆上げする3つのアピールポイントと例文!

2019年10月17日

新卒学生にとって、はじめての就職活動。その中でも自己PRは必ず採用に大きく響いてきます。とはいえ、実際に何を伝えれば採用担当者に評価されるのかわからないですよね。今回は好印象を与えやすい自己PRの例文を中心に解説していきます。

自己PRはなぜ必要とされているのか?


履歴書やエントリーシート、面接の場でも求められる「自己PR」
そもそも企業は何を知りたくて、この項目を設けているのでしょうか?
企業側が見るポイントをいくつか挙げていきましょう。

・相手の人柄を知りたい
・企業研究を行なっているか確かめたい
・仕事への適性があるかの判断材料にしたい
・入社意志が固いのか知りたい
・志望者の価値観を知っておきたい
・社風とマッチしているか把握したい
・個性的な部分を引き出したい

自己PRはあなた自身をアピールする最適の場ですが、伝える内容を入れ込み過ぎても、
結局相手にうまく伝わらなかったとなりかねません。

まずは、伝えるべきポイントを把握していくことが大切です。


伝えるべきことは1つに絞る

自己PRは長々と書けばいいというわけではありません。端的に要点をだけを伝える工夫が大切です。

だからこそ伝えるべきことは1つに絞るようにしてください

私は責任感のある人間です。
私は責任感や協調性に優れ、誰よりも行動力があります。

結論から述べる工夫をする

はじめにダラダラと内容を書き連ねても、読む気は起きません。

もちろん、面接の場でも途中で飽きられてしまいます。

自己PRでははじめに結論から述べることが重要になります。

私の強みはコミュニケーション能力です。
私は学生時代に海外交流の場へと良く足を運んでいました。そこで培ったのがコミュニケーション能力です。

現在→過去→未来の順序で説明すべき

海外交流の場に赴いてコミュニケーション能力を培ったこと自体はわるくありません。

ただ、自己PRに場では「現在」→「過去」→「未来」
この順番で話すのが理想とされています。

はじめに過去のエピソードを持ってくるのではなく、結論のあとから伝えていきましょう。

アピールポイント別の自己PR


前章で伝えるべきポイントは1つに絞るとお伝えしました。

ここでは、どのようなアピールポイントをチョイスすべきか、
さらにそれにちなんだ例文もお伝えしていきます。

①責任感の強さを自己PRに盛り込んでみる

企業にとって、仕事に対して「責任感」があるのかどうかは重要な部分です。

ここに対して積極的にアピールできるエピソードがあるならぜひ攻めていきましょう!

「責任感があります」というフレーズは聞き飽きているので、表現を変えてアピールすると、他のライバルと差がつけやすいです。
例文=サークル活動

私は映画製作サークルで監督兼脚本という立場を任されており、常に「スケジュール管理は徹底する」を意識していました。

というのも前任の担当者が時間にルーズだったため、コンクールの応募に間に合わないという事態が発生したのです。関係者にも迷惑をかけて、歴史あるサークルの名に傷がつき、私はその信用を取り戻したいと考えました。

そこで、自分は必ず周りの期待を裏切らずに、いい作品を残そうと誓ったのです。私は達成のためにあるルールを設けました。

①脚本は締め切り3か月前に仮原稿をアップする
②学校内オーディションを廃止し、アカデミー所属でプロとして活動する役者を雇う
③1ヶ月かけてスタッフとキャストで脚本の再編を行なう
④1ヶ月で取り終える内容に対して、不測の事態に備えて2ヶ月の撮影機関を設ける
勉強やアルバイトの合間をぬって脚本執筆を行なったので、肉体的疲労は確かにありました。でも、この取り組みが功を奏し、ブラッシュアップされた作品はコンテストで準グランプリを獲得したのです。一切の妥協を許さない徹底ぶりが成功を収めたカギだったのだと考えています。

②行動力があることをアピールする

社会に出たら「行動力」は必須です。指示待ち人間なんて企業は求めていないですし、出世もできないと考えてください。

だからこそ「行動力」をしっかりとアピールできるなら、かなり強みになります。

結果よりも取り組んだ内容が重要視されます。課題達成に向けて起こしたアクションを具体的に述べましょう!
例文=アルバイト

私は人が嫌がることに対して率先して動き、また他人と違うアプローチで困難を乗り越えることができます。

学生時代、私は知り合いが経営するコンビニでアルバイトをしていたのですが、毎年12月になるとクリスマスケーキの売上を上げるために、店員がケーキを買うという行動に疑問をいだいておりました。

私としては売る側の行動に問題があるから売れるものも売れないと考えたのです。そこで私はいくつかの施策を打ち出し、店長に頭を下げて実行させていただきました。その施策は主に3つです。

①周辺の住人に対してチラシを配ることで商品の認知度アップを図る
②近隣の幼稚園にお願いして、チラシを園児に配ってもらい、親御さんからの注文を募る
③レジでの対応の際に常連さんには積極的に話しかける
以上の行動を取ったところ、なんと売上は昨対比で7倍まで跳ね上がりました。

コンビニのクリスマスケーキはノルマが厳しく、店員自ら大量に買う「自爆買い」が当たり前でしたが、私のこの行動をマニュアル化したことで、それ以降はノルマ達成が当たり前になったと聞いています。

③協調性があることをアピールする

自己PRにおいて「協調性」は最適なアピールポイントです。社内における人間関係の構築はもちろん、リーダーシップを発揮して目標達成に貢献してくれる姿や、マネージメント担当として成長する姿が想像できます。

「どんな人間の意見も積極的に受け入れます」といった協調性の表現はNGです。人に流されやすい印象を与え兼ねません。

「相手の立場を尊重して、方向性を決定したいので、意見交換は積極的に行ないたいタイプです」といった表現に変えてみるといいでしょう。

まずは、自分が主体的な協調性であるのか、受動的な協調性であるのかを確認してみてください。

例文=ボランティア

私はチーム全員のやる気を向上させることに長けています。この長所はボランティア活動をしているなかで生まれました。

学生団体のボランティアサークルは数多くありますが、大半が就職活動のアピールであったりと所属しているだけで、行動が伴わないメンバーが多くいたのです。

その現状を打破するために、私は「全国ボランティア達成マップ」を作成しました。

まず、サークル内で3つのチームを作成し、各チームそれぞれ日本地図を用意します。そして、ボランティアに向かった都道府県を色塗りし、年間で一番色が塗られたチームに賞品を用意したのです。

そして、このチーム戦には必ず守るべきルールを加えました。

「チーム全員でその場に赴くこと」
私も含め、全員がボランティア活動に熱が入ったように取り組み始め、当事者意識を持ちながら行動できる組織に成長させることができました。

これからも自分が周囲を巻き込んで、困難な壁にもぶつかっていきたいです。

自己PRは深堀りできるエピソードから探そう!

自己PRは採用担当者にとって、あなたの人となりを知る絶好の機会なのです。だからこそ、ここで高ポイントを狙いたいですね。

そのためには、自分のこれまでのエピソードを振り返り、アピールポイントを探すことから始めてください。

あとは、結論→過去(エピソード)→現在の流れでわかりやすく伝えましょう!

穴埋めで自己PRがすぐ完成!?面接で無敵になれる100の質問集もプレゼント!

何をアピールすればいいかわからない…あなたの強みに気づけます!

自己PRがうまく作れない!という学生は数多くいます。 でも、実はコツさえ掴めば誰でも簡単に作成可能!

採用バンクは簡単な質問に答えたら穴埋め形式で作成できる 独自マニュアルを提供しています。

実際に選考で使われた例文でよりわかりやすく!

100の質問であなた自身を120%理解できる

自己分析と面接で活用できる100の質問も付属しています! すべての質問に答えた時、自分のことが今以上に理解できているはず。

自己PRがよりブラッシュアップできること間違いなし!

LINEに登録するだけでスグに受け取れます!

採用バンクのコンテンツはLINEの友達登録をするだけですぐに受け取れます。 面倒なメルマガサービスと違って就活が終わったら解除も楽々できます。
さらに、コンテンツは随時追加されるのでお楽しみに!

-就活・面接対策
-,

Copyright© 採用バンク | 首都特化型採用メディア , 2020 All Rights Reserved.