就活・面接対策

就活で有利になる「その企業でないといけない理由」の答え方!面接官を圧倒させる3つのアプローチ法

就活において「志望動機」は必ず聞かれる質問の1つです。中でも難しいと言われているのが「なぜうちの会社なのか」「なぜ同業他社の中でも当社なのですか?」という企業比較を問われる質問です。志望動機をさらに掘り下げて答えなくてはならないため、「どう答えるのが最も良いのか」と悩んでしまう就活生が多いと思います。

そこで今回は、就活で面接官の印象に残る「その企業でないといけない理由」の答え方をご紹介します。志望動機の中でも、一見答えにくそうな質問ですが、アプローチ法を覚えてしまえば誰でも答えることができます。どの企業の面接でも使えるので、ぜひ覚えて下さいね。さっそく見ていきましょう!

就活ではなぜ「その企業でないといけない理由」を聞くのか?

「○○業界では他にも会社があるのに、どうして当社を選んだのですか?」と聞かれると、意地悪をされているように感じますよね。ですが、面接の質問には一つひとつ意図があり、この意図を理解することで、答えにくい質問も答えやすくなります。

企業のどこに一番惹かれたのか知りたい

まず「会社のどこに一番惹かれてたのか知りたい」これが大きな理由です。多くの就活生の面接を担当している面接官からすると、「御社が第一志望です!」と言われても「本当にそうかな?」と疑問に思ってしまいます。そこで、具体的にどこに惹かれたのかを聞くことで、就活生の志望度の強さを確かめています。

ここでのポイントは、具体的に答えることです。「企業理念に共感しました」など漠然とした答えだと、面接官に好印象を与えることはできません。例えば、自分に好意を持っている人が複数いた場合、「私のどこが好きなの?」と聞いて「髪型」「趣味が一緒だから」よりも「周りに気遣いができて優しいところ」のように具体的な方が好意を持てますよね?

より具体的に答えることで、面接官に「入社したい想い」を伝えることができます。

企業の理解度を確かめるため

採用する側は、企業のことをしっかり理解している人に入社してもらいたい気持ちがあります。ここを確認することで入社後のミスマッチが避けられるからです。

ホームページを読んだだけの情報よりも、入念に企業研究をした人の方が「この人は本当にうちに入りたいんだ」という印象になります。その企業のことをよく知らないで、「御社が第一志望です」と言われても信用できませんよね。企業を理解した上で、どこに一番惹かれたのかを具体的に答えれば、パーフェクトな回答になります。

難しい質問にどう答えるのか知りたい

実は面接官も、この質問に答えるのが難しいとわかっています。そんな質問をあえてすることで、「就活生がどう答えるか見てみたい」という意図もあるのです。意地悪な質問かもしれませんが、逆にいうと面接官を納得させることができれば、高得点を得ることができます。

難しい質問ほど、ビシっと決めることができれば、他の就活生と一歩差をつけることができるでしょう。

就活の「その企業でないといけない理由」は3つアプローチ法で乗り切れる

「その企業でないといけない理由」がなぜ問われるのかわかったとこで、実際に面接ではどう答えれば良いでしょうか?ここからは3つの方法をご紹介します。

その業界内の中での特別なポジションや強みからアプローチ

同じ業界でも、企業によってポジションや大きな特徴が存在します。自分の志望する企業の「強み」や業界の中での特別なポジションを見つけましょう。さらに、自分の志望している仕事とその企業が得意とする分野が一致しているとアピールしやすいです。また、「よく企業研究、業界研究ができているな」と評価してもらえる可能性が高いです。

例えば、通信業界であれば『ソフトバンク・au・docomo』があります。この3つの企業は、携帯事業だけでなく、「ソフトバンク=インターネット事業」「docomo=金融・決済事業」「au=グローバル事業」などそれぞれの価値を創出しています。そこを「選んだ理由」とし、さらに「その事業に関わってみたい」とアピールすると効果的です。

【au】御社が力を入れているグローバル事業に興味を持ち、この事業に関わりたいと思いました。ミャンマーやモンゴルだけでなく、世界中の人の生活にKDDIが欠かせないものにしていき、世界トップシェアナンバーワンを目指したいです。

その企業の「彩」を見つける!社風・企業理念からアプローチ

上記で説明した「業界内での強み」があれば良いのですが、同業他社より優れた事業を展開している企業は、そう多くありません。そこでどの企業にも適しているのが「社風・企業理念」からアプローチする方法です。社風・企業理念は企業によって大きく異なり、働き方やライフスタイルにも影響してきます。

社風や企業理念が、自分の「求める働き方」や「ライフスタイル」にマッチしている場合は、絶好のアピールポイントです。例えば、同じ業界でA社とB社があったとします。

A社:事業の展開を広げ、会社を一つのチームとしてミッションを成し遂げる

B社:社会に寄り添い、社員や社員の家族も大切に、末永く愛される企業を目指す

同じ業界でも、その企業がどの方向に向かっているのか、何を大切にしているかによって社員の働き方も変わってきます。自分の将来や想い描くライフタイルと照らし合わせ、企業とマッチする部分を見つけましょう。そこをアピールすれば、「この人はうちに合っている」という印象になるでしょう。

その企業で働く人・自身の体験や思い出からアプローチ

3つ目は、「企業で働く人や自分の体験」からアプローチする方法です。比較手に全ての企業で使える手法で、その企業で働く人の魅力を全面に出して、第一志望であることを伝えます。ここでは大きく分けて2つのパターンに分かれます。

パターン① 説明会・OB訪問がきっかけ

例えば、OB訪問や会社説明会、インターンシップなど、「その企業で出会った人が魅力的だったから第一志望にしました。」というアピール方法があります。

○○業界で働きたいと決めてから多くの企業の説明会に参加してきました。6月に行われた御社の説明会に参加し、営業部の○○さんに出会いました。仕事の流れや、やりがい、面白みなど、熱意のこもったお話しに感動し、私も○○さんのように自分の仕事に誇りを持てる営業マンになりたいと思い、御社を第一志望しました。

例文のように、いつ・どこで・誰に対して魅力を感じたのか、その魅力からなぜ入社したいと思ったのか、具体的であればあるほど面接官に良い印象を与えます。

パターン② 自分の体験や思い出からアピール

このアピール方法は、過去に印象的だった体験や、その職業を目指そうと思ったきっかけなどを面接官に伝えてみましょう。志望動機とかぶってしまう可能性も高いので「志望動機」と「その企業でないといけない理由」はしっかり分けておきましょう。

  • 学生の頃、旅行で利用した宿泊施設でとても親切にしてもらった
  • 落ち込んでいた時に、たまたま利用したカフェで店員さんに元気をもらった
  • 子どもの頃から大好きなテーマパークで、今度は自分が人々に幸せを贈りたいと思った

上記のように、その企業との出会いや、憧れを抱いた思い出など、自分にしかないエピソードを話すと効果的です。これに「企業の強み」も加えられると、さらに説得力のある回答になるでしょう。

まとめ~就活では企業・業界研究を必ずやるべし~

今回ご紹介した3つのアプローチ方法は、それぞれでも効果的ですが2つ、3つを組み合わせると申し分のない回答になることは間違いないでしょう。

「その企業でないといけない理由」に限らず、業界分析・企業研究は必要不可欠です。これを行わなければ就活が始められないと言っても過言ではないでしょう。志望する企業をしっかり理解し、今からできる対策を行ってから選考に臨みましょう。

 

穴埋めで自己PRがすぐ完成!?面接で無敵になれる100の質問集もプレゼント!

何をアピールすればいいかわからない…あなたの強みに気づけます!

自己PRがうまく作れない!という学生は数多くいます。 でも、実はコツさえ掴めば誰でも簡単に作成可能!

採用バンクは簡単な質問に答えたら穴埋め形式で作成できる 独自マニュアルを提供しています。

実際に選考で使われた例文でよりわかりやすく!

100の質問であなた自身を120%理解できる

自己分析と面接で活用できる100の質問も付属しています! すべての質問に答えた時、自分のことが今以上に理解できているはず。

自己PRがよりブラッシュアップできること間違いなし!

LINEに登録するだけでスグに受け取れます!

採用バンクのコンテンツはLINEの友達登録をするだけですぐに受け取れます。 面倒なメルマガサービスと違って就活が終わったら解除も楽々できます。
さらに、コンテンツは随時追加されるのでお楽しみに!

-就活・面接対策
-, , , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© 採用バンク | 首都特化型採用メディア , 2020 All Rights Reserved.