TBSへの新卒採用希望者必見!内定獲得のためのマニュアル集 | 採用bank
業界・企業分析

TBSへの新卒採用希望者必見!内定獲得のためのマニュアル集

TBSは、SASUKEや水戸黄門などの番組を作成した特定地上基幹放送事業者です。それゆえ、TBSに就職したいと考えているライバルはとても多く、新卒で簡単に内定を取れるほど、甘い企業ではありません。しかし、他のライバルよりも綿密にTBSに受かるための対策を行えば、あなたも十分内定を掴みとることが可能になります。

この記事ではTBSが新卒採用で募集している職種や、求める人物像、面接対策などについて具体的にまとめましたので是非、参考にして下さい。

自己PR動画ってなに?今話題の就活新常識に迫る!新卒選考で自己PR動画の選考ステップが導入される事例が増えてきているのをご存知ですか?サービス業、不動産、商社など年々その数は増えており...
【就活生必須】自己分析のやり方とやる意味をお教えします「就活は自己分析から始まる!」とよく言われています。 しかし、自己分析ってなんで必要なの? 自己分析っていったい何をすればいいの? 今回は、自己分析の定義、目的とやり方を徹底解説します!...

TBSが新卒採用で募集している3つの職種

そもそもTBSはどのような職種で新卒採用を行っているのでしょうか。TBSが募集している3つの職種について、具体的に説明していきます。

アナウンサー職

アナウンサー職は、TBSテレビやTBSラジオにおけるアナウンサー業務に携わります。視聴者が求める情報は何か、何を伝えられるかなど、視聴者のニーズを捉えられるスキルが求められます。

デザイン職

デザイン職は細かく分けると、2つの職種に分けられます。

セットデザイン

セットデザイン職は、番組のセットデザインに携わります。ドラマやバラエティ、報道やスポーツなど様々な番組のセットデザインを担当します。

ブランディング

ブランディング職は、TBSテレビのブランディングに携わります。様々な部署と連携しながら、デザインのニーズを検討して、形に変えていきます。

技術職

技術職は細かく分けると、4つの職種に分けられます。

スタジオ技術

スタジオ技術職は、TBSで放送される番組作成に携わります。テクニカルマネージャーやテクニカルディレクター、ビデオエンジニアなどが在籍しています。

中継技術

中継技術職は、スポーツをメインとした中継に携わります。オリンピックやワールドカップ、世界陸上などの中継も担当します。

送出

送出職は、TVマスターという所の運用や管理、設計や開発などに携わります。制作された番組を「放送する技術」で支えている職種です。

メディア戦略

メディア戦略職は時代の変化に対応していくために、これからの放送・テレビをどのように変えていけば良いのかということを、技術面から検討・実践しています。

TBSが求める3つの人物像

TBSが求める人物像にあなたが合っていれば、新卒採用で内定をつかみ取れる可能性は高まります。それでは、どのような人物像を求めているのか具体的に説明していきます。

成功するまで努力を続けられる人

TBSで活躍している人は「視聴率が低い場合はしんどい。あれだけ皆で頑張ったのに悔しくなる」と述べています。しかし「良い視聴率が出た時は、やりがいになる」とも述べています。良くも悪くもテレビ業界は視聴率が重要視されるため、時には厳しい結果が出て、努力が報われない場合もあるでしょう。

そのような場面に出くわしても、成功するまで努力を続けていける人材を、TBSは求めていると考えられます。

「どうしたら面白くなるか」と考え続けられる人

番組制作は寝られないことも多く、激務と言われています。しかし、TBSで活躍している人は「体力的にはきついが“どうやったら面白番組になるか”を考え続けることが好きであれば、辛いことも乗り越えられるはず。99を耐えた先に超弩級の1の喜びがあるはず」と述べています。

TBSは、常に「どうしたら面白くなるか」と考え続けられる人材を、求めていると言えるでしょう。

体力に自信がある人

TBSで活躍している人は「今すぐ現場に向かってと指示が出た場合は、チーム一丸となって最速で現場に向かう」と述べています。それと同時に「移動中もリサーチや原稿準備と休まる時はない」と述べています。決してテレビ局の仕事は楽とは言えません。そのためTBSは、体力に自信がある人材を求めていると言えるでしょう。

TBSの新卒採用における選考フローと面接対策

TBSの新卒採用は、どのような選考フローを踏んで、どのような質問を面接で聞かれるのでしょうか。それぞれを具体的に説明していきます。

選考フロー

新卒採用の選考フローは下記の5ステップで進んでいきます。

  1. Webテスト・SPI
  2. ES
  3. 一次面接
  4. 二次面接
  5. 内定

上記はアナウンサー職の選考フローです。職種によっては作品データの提出や自己PRデータの提出などがありますが、基本的に上記のような流れで新卒採用の選考が進みます。

過去に聞かれた質問内容と回答のポイント

TBSの新卒者向け面接では一般的な質問のほか、どのような思いを持っている人材なのかを見極めるための質問をされる傾向があります。ここでは新卒採用で実際に聞かれた質問や回答のポイントについて説明していきます。

どのような番組を作りたいですか?

どのような思いを持ってTBSで活躍してくれるのか見極められている可能性があります。どのような番組を作りたいのか素直に答えてみましょう。自分が考えたオリジナルの番組案を持ち込んでみると、良いアピールに繋がるかもしれません。

藤井健太郎(TBSのプロデューサー)の番組の特徴は何ですか?

プレゼンで好きなプロデューサーを「藤井健太郎さん」と答えた人が聞かれた質問です。「TBSで好きな人はいますか?それはなぜですか?」と聞かれる可能性があるので、しっかり対策しておきましょう。

自分の中でテレビ局に向いていると思う部分はどこですか?

このような質問は新卒採用面接でよく聞かれる質問です。自分の長所や短所、性格を分析して自分のどこがテレビ局に向いているのか考えてみましょう。採用bankにも「自己分析のやり方」についての記事があるので、参考にしてみてください。

TBSで働く人の声

TBSで働いている人は実際どのように感じているのか、みなさんの声を紹介していきます。

クリエイティブ系
クリエイティブ系
昔ながらの考え方もある為、上下間で良好な関係が築きやすい。キャリアに応じて学ぶことが的確であることはやり易い。
営業系
営業系
女性の管理職の方も多くいらっしゃいました。休暇や体調を崩した時なども相談しやすく、とても良い環境でした。
クリエイティブ系
クリエイティブ系
ある程度のスパンで給与も上がる。意見が言いやすい面はあるので精神的なバランスは保てる。必要に応じてキャリアアップを目指せる環境にはある。

引用元:カイシャの評判

「テレビを通じて伝えたい」という強い想いがある人はTBSで活躍できる!

テレビ業界は現在、大きな変革の時を迎えていると考えられます。実際にTBSも「テレビのあるべき姿はどのようなものなのかと、模索の日々が続いている」と述べています。しかし人事部長は「テレビで働く一人一人の“伝えたい”という強い思いがテレビを作り出している。これは時代が変化しても変わらないこと」と述べています。

動画サービスが乱立している現在において「テレビを通じて伝えたい」という強い思いを持っている人材は、きっとTBSで活躍できるはずです。

TBSの待遇を紹介

TBSに入社しようと考えている新卒の方は、TBSの待遇についても気になりますよね。ここではTBSの平均年収や福利厚生について具体的に説明していきます。

平均年収は1,500万円以上!

有価証券報告書によると、テレビ朝日の平均年収は1,595万円でした。年齢別に見た平均年収は下記の通りです。

  • 20代:370~1,087万円
  • 30代:1,146~1,290万円
  • 40代:1,328~1,623万円
  • 50代:1,629~1,725万円
  • 60代:1,074~1,725万円

部長クラスになると、平均年収は2,000万円を超えるため、高収入も夢ではありません。

TBSは福利厚生も充実している

一部ではありますが、TBSには下記のような福利厚生があります。

  • 社員食堂割引制度
  • 保養所
  • 予防接種費用全額補助
  • 人間ドック・脳ドック補助
  • 産前・産後休暇
  • 看護・介護休暇
  • 社内表彰制度
  • 部活動
  • キャリア採用制度
  • 旅行・レジャー

TBSは、カフェテリアプランを導入している特徴があると同時に、数十種類の福利厚生があり、とても充実しているといえます。

TBSの新卒採用を受ける前にもう一度チェックしよう

TBSは「テレビを通じて伝える」という考え方を大切にしています。そのため新卒採用面接でも「テレビを通じて、何を視聴者に伝えていきたいのか」といった点をアピールしてみましょう。その思いはきっとTBSに伝わるはずです。もう一度求める人物像や面接対策を確認して、あなたもTBSの新卒採用で内定をつかみ取ってくださいね。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で採用bank/新卒・中途の採用支援をフォローしよう!