受かるエントリーシートがすぐに完成!その書き方とは? | 採用bank
就活・転職ノウハウ

受かるエントリーシートがすぐに完成!その書き方とは?

選考の第一関門と言われる書類選考を突破するためには、まずエントリーシートについてよく知ることが必要です。そもそも「エントリーシート」とはどんな目的で企業側が提出されているのでしょうか?この意図を把握することが選考への第一歩です。

また、履歴書と同じ質問がある場合、同じ内容でもOKなのかという疑問も浮かびますよね。この記事では、エントリーシートにまつわるこれらの疑問を解消し、受かるエントリーシートの書き方をご紹介します。

不動産の志望動機は使い回しだと落ちる!受かるための例文集不動産業界を目指す際に志望動機を疎かにすると確実に不採用となります。では、採用担当者が納得する志望動機とはどのようなものなのでしょうか?不動産業界を目指す学生は必見です。...
【新卒必見】受かる履歴書の書き方と見本をご紹介「受かる履歴書はなにが違う?」「履歴書の書き方がわからない」 就活生のみなさん、こういった疑問を抱いたことはありませんか? 今回は、これらの疑問を解決し、就活で失敗したくない人に向けて、 履歴書の書き方と見本をご紹介します。...

エントリーシートと履歴書の違いは?

まずはエントリーシートの定義についておさらいしましょう。一言でまとめると、エントリーシートは企業が用意した「応募者に聞きたい質問シート」です。

履歴書は標準規格があるがエントリーシートは企業によって違う

履歴書は「JIS」という国の標準規格がありますが、エントリーシートは企業によって内容が異なります。また、エントリーシートの提出を求めていない会社もあります。

しかし、実際は多くの企業がエントリーシートの提出を求めているのが現状です。一体なぜなのでしょうか?

エントリーシートは会うべき人を選別する目的がある

エントリーシートはたくさんの応募者から、会うべき方を選別するために作られたものです。そのため、企業はエントリーシートで応募者の人柄や性格がわかる質問を盛り込んでいます。企業側が用意した質問に回答してもらうことで、求める人材像に合致した応募者のみ面接に呼ぶことが可能になるのです。

履歴書と同じ質問がある場合は同じ内容でOK

履歴書とエントリーシートを確認する方は基本同じ担当者です。そのため、エントリーシートで履歴書と同じ質問されたら同じ内容で大丈夫です。

エントリーシートの書き方(例文あり)

では、続けてエントリーシートの書き方を紹介していきます。エントリーシートの内容は企業によって異なりますが、ここではどの企業でもよく聞かれる質問とその回答例を紹介します。

「学生時代に最も打ち込んだこと」の書き方

この質問は学生の人間性を見極めるために聞かれる場合が多いです。

企業の採用担当者が新卒採用で最も重視しているポイントは、学生の「人柄」と言われています。就職経験がないため、学生の人柄や性格が自社の社風と合うかどうかが判断基準になります。

学生時代の経験から応募者の価値観を理解し、自社への適性を見極めることができます。

【例文】
私が学生時代に最も打ち込んだことは、アパレルショップでのアルバイトです。

私は元々人見知りで、初対面の人と話すのが苦手です。そこでコミュニケーション能力を高めるために、アパレルショップでのアルバイトを始めました。大学の4年間でずっと同じアパレルショップで働き続けました。大学3年生の時にはリーダーに抜擢され、売上アップにも貢献しています。

正直なところ、最初はお客様とうまく話せなくて、売上にも貢献できませんでした。しかし「会社の役に立ちたい」と思うようになり、私は積極的にお客様に話しかけてみました。それを繰り返すうちに自然に誰とでも気さくに話せるようになって、アルバイトのリーダーにもなりました。

私はこの経験から、目標を立てて粘り強く行動し続ける大切さを学びました。この粘り強さを活かし、貴社にも貢献したいと考えております。

「挫折経験」の書き方

この質問は困難からの立ち直り方を知るために聞かれる場合が多いです。

社会に出て働きはじめると、壁にぶつかることもあるでしょう。採用担当者は、学生が困難に直面するときの考え方や姿勢を知りたいと考えています。

私が経験した挫折は、大学1年生の試験で失敗し、留年してしまったことです。
人生はじめての留年で、私はショックを受けていました。

失敗した理由を考えたところ、私は授業内容を鵜呑みにして、自分の頭で考えようとしていませんでした。深く反省した私は普段から深く考える習慣を身につけることにしました。その結果、無事に二年生になっただけではなく、大学を首席で卒業することができました。

「長所と短所」の書き方

この質問は自分のことを客観的に見ることができるかを知るために聞かれる場合が多いです。

自分のことを客観的に見ることができる人は、成長することができます。自分の短所を認識できていれば、その対策を考えることができます。長所を認識できていれば、自分の能力を最大限に発揮できます。

逆に自分のことを客観的に見られない人は、成長しないし、仕事でも評価されません。

【例文】
私の長所は、責任感があることです。アルバイトで店長が不在のとき、私は店長代理のポジションを任されていました。
店長の代わりに、本社とのやりとりやアルバイトのシフト調整などを経験していました。その経験から、責任感を持って仕事する大切さを学びました。

一方で、私の短所は、頑固なところです。大学のゼミナールでも、他のチームメイトと意見が合わないときに、つい自分の意見を主張し、チームメイトと喧嘩になりました。

その後、チームの雰囲気が悪くなってしまい、チームメイトとのコミュニケーションも上手く取れなくなっていきました。そのことが原因でゼミではいつも話しがまとまらず、良い制作物を作ることが出来ませんでした。このままではまずいと思った私はそれ以降、自分の意見を押し通すばかりだけでなく相手の意見もしっかりと聞き入れることを意識し、チーム全体として活動することを心かけるようにしました。その結果、ゼミではどの班よりも完成度の高い制作物提出することができ、一番高い評価を貰うことができました。

このことから私は自分の意見を押し通すばかりでなく、相手の意見もしっかりと聞き入れ、協調性を持って物事に取り組むことの大切さを学ぶことができました。

「あなたを動物に例えると?」の書き方

この質問は学生の性格を知りために聞かれる場合が多いです。

採用担当者が具体的なイメージが湧かない動物でなければOKです。あまり考えすぎないで、正直に答えればよいでしょう。

私は動物に例えると「犬」です。

犬は多くの人に愛されていて、とても人懐っこい動物です。私も犬のように、社交的で人との会話を楽しんでいます。

私はアパレルショップでアルバイトをした経験があります。その際にお客様から「話しやすい」というコメントもいただきました。

貴社でもそのコミュニケーション能力を活用し、チームメイトと力を合わせて成果を上げたいと思っております。

エントリーシートは内定への第一歩!

エントリーシートは選考の第一関門と言われています。

この記事では、エントリーシートにまつわる疑問を回答し、そしてエントリーシートの書き方を紹介しました。

しっかり準備して書類選考を突破しましょう!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で採用bank/新卒・中途の採用支援をフォローしよう!