就活・面接対策

不動産の志望動機は使い回しだと落ちる!受かるための例文集

不動産業界は平均年収も高いことから人気業界となっており、毎年多くの学生が目指すため倍率も高い傾向があります。ライバルが多いということは、書類選考で多くの人が落とされてしまいます。当然、履歴書にどう記載するかはとても重要な位置づけになっており、志望動機だけでかなりの差が出るということです。書類選考を突破するには、他の企業に出していたような『使い回せる志望動機』では不十分です。

そこで今回は、業種・職種を固めながら、自分の目指す不動産企業で使える志望動機の例文をお伝えしていきます。

不動産業界でどの分野に就くかを真剣に考える

不動産と一括りに言っても、業種は様々あります。自分がどのような関り方をしたいのかは事前にしっかりと決めておく必要があるのです。

主な業種をまとめたので、特徴を把握しながら、自分がどの分野で活躍してみたいのか自己分析してみましょう!

不動産販売は人と関わることが多い


不動産販売は一戸建てや分譲マンション、土地を売買する仕事です。

販売する際は地域や住宅の種類、間取り、広さ、設備、入居時期などをヒアリングしながら予算等を見積します。コミュニケーションが必ず発生するので、人と話す仕事が好きな方には向いています。

住まい探しというお客様にとっての生涯で一番高い買い物に携われるので、やりがいのある仕事です。特に信頼関係を築いていける人におすすめです。

不動産仲介は最も身近な存在

不動産仲介業の方には、すでにお世話になった方もいるのではないでしょうか?大学生になる前に一人暮らしの部屋を見つけていた方は、真摯に相談に乗ってくれたことを覚えていると思います。

不動産仲介業の仕事は主に2つです。

一つ目は、売主と買主の間に立って売買契約を行なうこと。

二つ目は、賃貸の際に貸主と借主の間を取り持って賃貸契約まで済ませることです。

不動産デベロッパーの仕事は規模が大きい


不動産ディベロッパーとは開発事業者をいいます。主に大規模な宅地開発や都市開発、リゾート開発、都市の再開発、交通インフラ整備などを担当します。

土地の取得から、建物が完成するまでを仕事を通して体感できるのもポイント。人々の生活の根幹部分を支える仕事でもあるので、規模も大きくやりがい十分です。

デベロッパーと一言に言っても、系列が多数あり、仕事内容は異なってきます。

財閥系、私鉄系、金融・商社系、ゼネコン系、独立系など自分が興味あるものを把握することが大切です。

不動産管理業は発展途上でこれからが楽しみ

不動産管理事業は販売事業や開発事業などに比べて、まだ発展途上であるといえます。それだけ介入できる部分も大きいので、自分で仕事の在り方を見つけていけるでしょう。

役割としてはオーナーと入居者の間に立って、より良い住まい環境や資産価値の維持などを目的とした管理を行ないます。入居者の募集を募ったり、契約更新業務や、清掃業務、修繕建て替え計画の策定など仕事範囲も広いです。

不動産コンサルタントは中立の立場でアドバイス


不動産コンサルタントは不動産コンサルティング技能試験に合格して登録をすることで名乗ることができます。しかし、受験するためには、宅地建物取引主任者資格登録者、不動産鑑定士、一級建築士でなければならないので、新卒からいきなり目指すのはハードルが高いです。

主に不動産の売買や管理、投資に関してのアドバイスを行う役割を担います。客観的視点から、誰もが損をしないように、法律と照らし合わせながら行ないます。

不動産業界で選びたい職種を明確に

不動産業界を目指すと決めたら、業種を絞ると同時に職種も選択していく必要があります。職種によってやるべきことは大きく異なります。

ここでは、職種によって求められるものや仕事内容などを解説します。自分がどこを目指したいのか知るきっかけになるでしょう。

不動産の営業マンは成果が給与に結び付く


不動産業界を目指す人の中には営業マンになりたい方が多くいるはずです。それは成果が給与に反映されやすいからです。

仕事内容としては販売の提案、賃貸の提案がメインとなります。営業手法もテレアポから飛び込みまで様々です。

不動産販売営業の場合はノルマを課せられるケースが多いですが、高額商品であるため簡単には契約に結び付きません。見込み客に対して訴求ポイントを明確にして、今買うメリットを細かくお伝えする必要があります。売れればインセンティブが高額なので、経験年数が短くても、給与は高くなるのもポイントです。

不動産賃貸仲介の場合は個人ノルマではなく、店舗ノルマであることがほとんどです。問い合わせから店舗に来店してもらい、見込み客のニーズに沿った物件を案内します。販売よりもハードルは低く、お客様の新しい生活に寄り添った提案ができるかが大切です。

企画・開発職は0→1ベースで建物を築き価値を提供する

不動産の企画・開発職は土地の価値を見極める慧眼が求められます。土地のリサーチから買い付け、建物が築き上がるまで、すべての管理を任される仕事です。

土地を取得したら信用できる設計師や建築業者に協力を仰ぎ、建物について熟考します。

順調に建設が進んでいるかどうか、周りの住民たちから意見はないかなど、現場にも頻繁に通いながら、完成まで見届けます。

そのため、ひとつのことに責任を持てる人材に向いている職種です。

不動産の管理系職種は居住者との距離が近い仕事


マンションに住んでいる方にとって近い存在である管理人。マンションやビルの安全維持や環境美化活動、トラブル対応などが主な仕事です。

大切なのはその建物に住んでいる人が、どれだけ気持ちよく過ごせるかを考えられるかどうかです。何かを売ったり、企画するのとは違い、人を思いやれる気持ちが強いほど、仕事ができるようになります。

マンションは近年になって建て替え問題も話題になりました。それを見越した修繕工事の企画といった管理業務も担います。

不動産業界の志望動機を考えるコツ

不動産業界を目指すのであれば、志望動機は年密に作り上げる必要があります。ここでは、コツをいくつかご紹介します。

不動産業界を目指すに至った理由を記述する

まずどうして不動産業界を志すようになったのか、そのきっかけを書くようにしましょう。その業界でしか体験できないことを伝えられると効果的です。

住居や高層ビルの開発、土地活用などに携わる業界なので、建物を通じて人々にどのような付加価値を提供したいのかを伝えられるといいでしょう。自分が経験したエピソードを織り交ぜると採用担当者にも響くはずです。

数ある企業の中で選んだ理由を明確に


不動産業界と言っても該当する企業は数多くあります。職種は同じであってもアプローチや仕事の流れが異なる業界でもあるのです。その企業を選んだ理由を明確にしなければ採用担当者に響きません。

例えばハウスメーカーの営業であればインバウンドであることがほとんどです。住宅展示場で見込み客が来場してからが勝負となります。一方で、投資系マンションを扱う企業の営業はテレアポや飛び込みをするのが当たり前となっています。

その企業が持つ特徴や仕事内容を把握した上で、自分がなぜ選考を受けるに至ったのかを明確にしなければ合格できません。

自分の経験や学びがどう活きるのかを説明する

学生時代に不動産業界で活かせる経験や学びを実践してきたのであれば、それを志望動機に盛り込むことで具体性が増します。

例えば都市開発に関する授業を選択し、地域に密着してリサーチ、住民たちへの聞き込みも行ないながら、レポートでまとめたという経験はアピール材料になります。

キャリアプランを組み立てられているかも大事


不動産業界で働きながら、5年後、10年後にどのようなポジションで活躍していたいか。きちんと細分化されたキャリアプランを明示できると強いです。

ただ家を多く売って優秀な営業マンになりたいというだけでは弱いです。入社〇年でどれだけ家を売り、顧客満足度を〇%以上高めたうえで、国内の主要な営業所で支店長を任される人材へと成長したいというような具体性が求められます。

不動産業界で通りやすい志望動機をチェック

以上を踏まえて、採用担当者に評価してもらえる志望動機を3つご紹介します。

企業の特徴を把握した的確な志望動機

私はお客様のニーズに徹底的に寄り添った住まいづくりを提案したいと考えています。

御社が手掛けるマンションは各部屋をシンプルな設計にした上で、お客様がアレンジを加えられるセレクト方式を採用しています。限られた予算の中で妥協したくない部分にだけお金をかけられるので、低コストで満足度の高い価値ある住まいを提供できることに大変魅力を感じました。

学生時代は結婚式場のスタッフとしてアルバイトをしていたので、気配りやコミュニケーション能力には自信があります。お客様目線で一緒に理想的な住まい環境を見つけていくことにも役立てられると考えています。

企業の強みと特性を理解しているのが伝わります。さらに学生時代の経験も自然とアピールできていていいですね。

不動産業界と社会課題解決を結び付けた志望動機

日本の経済は少しずつ回復傾向にあるようですが、誰もそれを実感していないと思います。

私はデベロッパーとして土地の開発・管理をするだけでなく、ひと手間加えるだけで僅かながら経済を良くしていけると考えます。開発した地域に密着して、その後も活性化をお手伝いすることで、経済に良い影響を与えられると感じたからです。

実際に私の地元は年々若い人たちが都市に出てしまい、人口が減る一方だったのですが、商業施設や娯楽施設、住宅と一体化した大型複合施設が増えたことによって、若い子育て世帯の移住が格段に増えました。デベロッパーは街をつくり変えるだけではなく、人間の心も変えられる仕事であることに感銘を受けたのです。

大学のゼミでは地方創生について学び、地域資源の活用法、地場産業の振興なども研究してきました。仕事をする上で大いに役立てることができると考えています。

自分の地元の実体験を入れることで具体性が増し、納得度の高い志望動機になっています。不動産業界だからこそ実現できる仕事であることも書かれていますね。

自分のスキルを活かし将来目標を掲げた志望動機

私は学生時代にインテリアコーディネーターの資格を取得しました。高校・大学の文化祭を通じて空間プロデュースに興味が湧いたからです。

できることならお客様にとって一番身近な空間を一緒に作り上げていきたい。そのような想いが次第に強くなり、住まい空間を提供できる不動産業界を目指すことに決めました。

最初の5年間はお客様の声をなるべく多く聞くために、窓口として営業職に従事しながら、時代のニーズを最前線で学んでいきたいと思います。

5年後には営業職を通じて聞いたお客様の声を基に、家具・照明などのインテリアから、キッチン・トイレ・バスなどの住宅設備に関する内外装のプランニングまで行なえるように成長していたいと思います。

自らのスキルをどう仕事に活かしていくのか。将来的にどのような人材になっていたいのかまで正確に表現されています。キャリアビジョンが描けていることが伺えます。

採用バンクがピックアップ!おすすめ不動産企業

不動産業界に通じる志望動機の書き方がマスターできたでしょうか?

真剣に就活に励むあなたにとって、より良い出会いがあるように、採用バンクでは優良不動産企業をピックアップしています!

思わず興味を持ってしまう隠れた企業が見つかるかもしれません。
ぜひ参考にしてくださいね♪

採用バンクがピックアップ!おすすめ不動産企業

不動産業界は企業ごとに志望動機を細かく作り込もう!

不動産業界の志望動機はどこでも使い回せる薄い内容だとまず通りません。

通過するためには企業の特徴を理解し、そこでしか成し遂げられない理由を明確にしましょう。

まずは、業種・職種から自分がどのような分野で携わりたいのか自己分析することが大切です。

軸が決まれば、選択すべき企業も絞られてくるはずです。

穴埋めで自己PRがすぐ完成!?面接で無敵になれる100の質問集もプレゼント!

何をアピールすればいいかわからない…あなたの強みに気づけます!

自己PRがうまく作れない!という学生は数多くいます。 でも、実はコツさえ掴めば誰でも簡単に作成可能!

採用バンクは簡単な質問に答えたら穴埋め形式で作成できる 独自マニュアルを提供しています。

実際に選考で使われた例文でよりわかりやすく!

100の質問であなた自身を120%理解できる

自己分析と面接で活用できる100の質問も付属しています! すべての質問に答えた時、自分のことが今以上に理解できているはず。

自己PRがよりブラッシュアップできること間違いなし!

LINEに登録するだけでスグに受け取れます!

採用バンクのコンテンツはLINEの友達登録をするだけですぐに受け取れます。 面倒なメルマガサービスと違って就活が終わったら解除も楽々できます。
さらに、コンテンツは随時追加されるのでお楽しみに!

-就活・面接対策
-, , , , ,

Copyright© 採用バンク | 首都特化型採用メディア , 2020 All Rights Reserved.