三井物産への新卒採用希望者必見!内定獲得のためのマニュアル集  | 採用bank
業界・企業分析

三井物産への新卒採用希望者必見!内定獲得のためのマニュアル集 

三井物産は、三井グループの大手総合商社です。それゆえ、三井物産に就職したいと考えているライバルはとても多く、新卒で簡単に内定を取れるほど、甘い企業ではありません。しかし、他のライバルよりも綿密に三井物産に受かるための対策を行えば、あなたも十分内定を掴みとることが可能になります。この記事では三井物産が新卒採用で募集している職種や、求める人物像、面接対策などについて具体的にまとめましたので是非、参考にして下さい。

https://saiyo-bank.com/research/3824/

YAHOO(ヤフー)の新卒採用情報!面接で受かるためのポイント満載YAHOO JAPANに新卒採用で入社するための対策やノウハウを紹介!YAHOOが新卒採用で募集している職種、求めている人材、過去の面接での質問と回答のポイントなど、選考が有利に進むポイントをわかりやすく説明していきます。...

三井物産が新卒採用で募集している6つの職種

そもそも三井物産はどのような職種で新卒採用を行っているのでしょうか。三井物産が募集している6つの職種について、具体的に説明していきます。

金属分野

仕事内容は、鉄鋼製品・金属資源の事業投資や開発、トレーディングやバリューチェーンの構築などです。産業社会に必要とされる資源から製品の確保や安定供給の実現と同時に、環境問題の産業的解決や資源リサイクルなどに取り組みます。

機械・インフラ分野

仕事内容は、販売や金融・リース、事業投資などです。発電事業や物流インフラなど、生活に必要不可欠な社会インフラの長期安定提供により、より良い暮らしや国づくりに貢献している分野です。

化学品分野

仕事内容は、ビジネスを展開していく上での短期・長期戦略策定や実行、組織や社内インフラの整備などです。新規取り組みを含めて、様々な事業を展開している分野です。

エネルギー分野

仕事内容は、一般炭のトレーディングや東南アジア諸国への販売、オフテイクファイナンスの組成や実行などです。事業投資や物流取引を通じて、社会に必要なエネルギー資源の確保や安定した供給体制の確立を目指している分野です。

生活産業分野

仕事内容は、グローバル基盤の構築や安定供給への取り組み、本保戦略の立案などです。様々なライフスタイルに合うような付加価値のある商品・サービスを提供・開発などを行っている分野です。

次世代・機能推進分野

仕事内容は、事業の創出や推進などです。具体的には、金融・不動産領域で高付加価値サービスの創出・提供や企業価値向上に繋がる戦略的案件の推進などを担当します。

三井物産が求める3つの人物像

三井物産が求める人物像にあなたが合っていれば、新卒採用で内定をつかみ取れる可能性は高まります。それでは、どのような人物像を求めているのか具体的に説明していきます。

今を懸命に生きれる人

代表取締役共同代表の方は若手時代に「取引先では、2タイトル上の人と付き合えと教えられた」と述べています。様々なピンチがありましたが、背伸びしたおかげで自分自身の成長にも繋がり、様々なビジネス展開から企業投資、M&Aなど幅広い業務を担当しました。その中で「キャリアは作っていくものではなく、残していくものだと気づいた」と述べています。新卒で入社する人は、夢や憧れの人物像などがあると思いますが、まずは目の前の仕事を全力でやり遂げられるような”今を懸命に生きれる人材”を三井物産は求めています。

熱意とやる気がある人

三井物産で活躍している方は「三井物産の良さは、やる気があれば成し遂げたいことをなんでも実現させてくれること」だと述べています。事実、航空機20機(総額1,000憶円)を買おうという提案が通った事例があります。当時の三井物産は業績が数百億円でしたが、提案者が仮説を立てて、上司に対して何度もプレゼンをした結果「面白そうだね」と認めてもらい、提案が通りました。このように、熱意とやる気がある人材を三井物産は求めています。

好奇心旺盛な人

若さはある意味一つの武器です。三井物産は、自らチャレンジをしていけるような環境を整えています。同時に、部下が上司に対して積極的に意見を発信していけるような環境も整えています。自由な意見を発していける文化の中で「こうしてみたい!」「こうありたい!」と積極的にチャレンジしていけるような、好奇心旺盛な人材を三井物産は求めています。

三井物産の新卒採用における選考フローと面接対策

三井物産の新卒採用は、どのような選考フローを踏んでどのような質問を面接でされるのでしょうか。それぞれを具体的に説明していきます。

選考フロー

新卒採用の選考フローは下記の8ステップで進んでいきます。

  1. Webテスト・SPI
  2. 説明会・セミナー
  3. 座談会・懇親会
  4. ES
  5. 一次面接
  6. グループディスカッション
  7. 最終面接
  8. 内定

上記は担当職の選考フローです。職種によっては説明会・セミナーや座談会・懇親会がない場合も存在しますが、基本的に上記のような流れで新卒採用の選考が進みます。

過去に聞かれた質問内容と回答のポイント

三井物産の新卒者向け面接では、一般的な質問のほか、1つの質問を深掘りされる傾向があります。ここでは新卒採用で実際に聞かれた質問や回答のポイントについて説明していきます。

あなたのその行動力の源力となっているものは何ですか。

なぜそれが原動力になったのか背景から伝えられるストーリー性が出て良いでしょう。例えば両親に恩返しをしたいのであれば、何がきっかけで両親に恩返しをしたいのか、お金持ちになりたいのであれば、なぜお金持ちになりたいのかなどです。

なぜ経営者になりたいのに、起業しないのか。

経営者に限らず他の職種でも「○○になりたいのに、なぜ他の手段を試さないのか?」という質問を投げかけられると考えられます。「三井物産で学びたいことがあるから」のように、三井物産でなければいけない理由を伝えられると良いでしょう00

話したいことを話してください。

自己アピールの時間と捉えても良いでしょう。自分の強みや三井物産があなたを採用するメリットなど、自分のアピールをしましょう。

三井物産で働く人の声

三井物産で働いている人は実際どのように感じているのか、みなさんの声を紹介していきます。

営業系
営業系
キャリアアップを目指せる環境自身の心構え次第で色んな機会を与えられる大人な職場であり、色んな産業との関わりからキャリアアップが目指せる。
企画・事務・管理系
企画・事務・管理系
【仕事のやりがい】部署によりますが、自分次第でいろんな仕事を任せてくれます。大変だと感じることもありますがやり終えた時に達成感を感じることができます。
営業系
営業系
世の中の為に立っているとの充実感や日本の為という使命感に燃えて仕事ができるのが最大の魅力で、イノベーションにも強い

引用元:カイシャの評判

好奇心と探求心が強い人は三井物産で活躍できる!

三井物産の社長は、子どものころから未知のものに触れたい、という好奇心旺盛な人でした。海外で仕事をしたい、様々なものを自分で体験してみたい、そして自分でビジネスを創り上げたいという思いから社長は三井物産への就職を決めます。その中で、2タイトル上の人たちと関わり、様々な業務経験を積むことで知識や対人交渉力、人間としての魅力を学びました。三井物産は、部下を信じてどんどん活躍の場を与えていく文化があります。そのため、好奇心と探求心が強い人材はきっと三井物産で活躍できるはずです。

三井物産の待遇を紹介

三井物産に入社しようと思っている新卒の方は、三井物産の待遇についても気になりますよね。ここでは三井物産の平均年収や福利厚生について具体的に説明していきます。

平均年収は1,300万円以上!

有価証券報告書によると、三井物産の平均年収は1,332万円でした。性別で見ると、男性の平均年収は1430万円、女性の平均年収は1,079万円です。部長クラスになると平均年収が1,979万円になるため、高収入も夢ではありません。

三井物産は福利厚生も充実している

三井物産には下記のような福利厚生があります。(口コミ参照)

  • 社会保険完備
  • ドリンク飲み放題
  • 社内販売
  • 健康管理
  • 自己投資費用補助
  • カフェテリアプラン

三井物産のHPに福利厚生は記載されていませんが、口コミを見てみると充実していて満足している人が多い傾向にあります。

三井物産の新卒採用を受ける前にもう一度チェックしよう

三井物産には、積極的にチャレンジをしていく人材が集まっています。そのため、新卒採用面接では探求心や好奇心がある人材だと思ってもらえるような回答をしていきましょう。もう一度求める人物像や面接対策を確認して、あなたも三井物産の新卒採用で内定をつかみ取ってくださいね。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で採用bank/新卒・中途の採用支援をフォローしよう!