就活・面接対策

【新卒必見】逆質問のおすすめ例とNG例をご紹介

2019年11月22日

面接では「何か質問ありますか?」と聞かれる逆質問がよくあります。その際に何を聞けばいいかがわからないと思ったことはありませんか?
「逆質問」をマスターするには、まずは逆質問の意図を理解することが大切です。面接官が「逆質問」を通じて聞き出したいことを理解した上で、今回は新卒向けに、効果的な逆質問の例とNG例をご紹介します。逆質問を活用して、うまく自分のことを面接官にアピールしましょう!



まずは逆質問の意図を理解しましょう

①学生の入社本気度をチェック

面接官が逆質問をする最大の理由は、学生の本気度をチェックしたいからです。「どれぐらい弊社に興味を持っているでしょうか」
「入社意欲がどのぐらいあるでしょうか」
という面接官の疑問に対する答えといえるでしょう。

②お互いにミスマッチがないかをチェック

面接官が逆質問をするもう1つの理由は、お互いにミスマッチがないかをチェックしたいからです。特にまだまだ社会人経験が浅い学生には、入社前後のギャップを感じる人が多いでしょう。せっかく入社したのにすぐやめてしまうことは、企業にとっても学生にもメリットがありません。入社後のミスマッチを減らすために、面接の最後で逆質問の機会があります。学生さんは、逆質問を活用して、自分が本当にこの会社で働きたいのかを確かめましょう。

就活面接のおすすめ逆質問5例

では、本題の就活面接の逆質問5例をご紹介します。

面接の逆質問ではかならず相手の立場を考えましょう。例えば、人事の方に現場の細かい業務内容を聞いたり、
現場社員の方に会社のビジネスプランを聞いても、
おそらくうまく答えられないでしょう。相手の役職や立場を考慮する上で質問しましょう

逆質問例①:
新卒入社3年目で最も活躍している御社の社員は
どのような仕事を任せてもらっていますか?

この逆質問では、あなたの入社意欲を表すことができます。新卒社員は経験がない分、採用に当たって入社意欲が大事と考えられているようです。その同時に、この質問の答えを聞くことによって、学生さんは改めて入社後の仕事について具体的にイメージできます。そして万が一、ここで「あれ?なんかイメージと違う」と思ってしまったら、就活の選択肢を見直すこともできます。

逆質問例②:
〇〇様から見て、
この仕事の最大の魅力はなんでしょうか。

この逆質問では、面接官が現場社員の場合がおすすめです。この質問を通して、学生さんがこの会社働いてる方たちが「なにを大切にしているか」がわかります。これは今後入社に当たってとても大事なところです。

逆質問例③:
〇〇部の1日のスケジュールを教えてください。

この逆質問では、入社後の仕事をよりリアルに知ることができます!
自分が応募した職種が、イメージした仕事内容と異なる場合がありますので、こういった質問でミスマッチを防ぎましょう。また、実際のスケジュールを聞くことによって、面接官にあなたの本気度を示すこともできます。

逆質問④:
新卒の社員に期待していることはなんでしょうか?

この逆質問は、人事の方に聞くことがおすすめです。ごの逆質問で、会社が新卒に対する期待していることがわかります。また、この質問の回答を聞いて、さらに自己PRすることも可能です。

逆質問⑤
5年後、10年後に描いている経営ビジョンを教えてください

この逆質問は、最終面接で経営陣向けに聞くことがおすすめです。経営陣の多くは、自分のビジョンに共感を示している社員を採用したいと思っております。この逆質問は、あなたがこの会社のビジョンに関心を持ってることを示せる質問です。

就活面接のNG逆質問3例

では、NG例をご紹介しましょう。

NG逆質問①:福利厚生に関する質問

例えば、
「初任給はいくらでしょうか?」
「平均残業時間はどのぐらいでしょうか?」
「家賃補助はありますか?」
福利厚生はやっぱり気になりますね。わかります。しかし、面接では遠慮した方がいいかもしれません。どうしても気になる場合、内定もらったあとで聞きましょう業務内容と関係ない質問をすると、やっぱり企業への志望動機が疑われます。「実は弊社の事業に興味ないかも?」と思われてしまう可能性が高いです。面接では、企業のビジョンや業務内容に焦点をおきましょう

NG逆質問②:調べればわかる質問

例えば、
「会社はいつ設立しましたか?」
「企業内容を教えてください。」
調べればわかります!
企業研究は事前に済ませておきましょう。勘違いしないでほしいですが、HPなどで記載してない内容、例えばまだ検討中の新規事業内容などは、聞いてもよいです。逆にあなたが企業研究をしっかりしているというアピールになります。

NG逆質問③:「YES」と「NO」で答えられる質問

例えば、
「仕事のやりがいはありますか?」
「仕事で失敗したことはありますか?」
NG理由は、面接官が答えづらいです!
もっと具体的な質問に変えましょう。「仕事のやりがいはありますか?」
○○様がお仕事をされている上で、
最もやりがいを感じたのはどんな時でしょうか。

「仕事で失敗したことはありますか?」
→「○○様がお仕事をされている上で、
最も印象深いだった失敗はなんでしょうか?
その時、どんな対応を行われましたか?

逆質問は面接官にアピール機会です!
  • 面接官は逆質問で学生の入社本気度をチェック
  • 面接官は逆質問でお互いにミスマッチがないかをチェック
  • 相手の役職や立場を考慮する上で逆質問しましょう。
  • 業務内容と関係ない逆質問はNG
  • 調べればわかる質問はNG
  • 「YES」と「NO」で答えられる質問はNG

穴埋めで自己PRがすぐ完成!?面接で無敵になれる100の質問集もプレゼント!

何をアピールすればいいかわからない…あなたの強みに気づけます!

自己PRがうまく作れない!という学生は数多くいます。 でも、実はコツさえ掴めば誰でも簡単に作成可能!

採用バンクは簡単な質問に答えたら穴埋め形式で作成できる 独自マニュアルを提供しています。

実際に選考で使われた例文でよりわかりやすく!

100の質問であなた自身を120%理解できる

自己分析と面接で活用できる100の質問も付属しています! すべての質問に答えた時、自分のことが今以上に理解できているはず。

自己PRがよりブラッシュアップできること間違いなし!

LINEに登録するだけでスグに受け取れます!

採用バンクのコンテンツはLINEの友達登録をするだけですぐに受け取れます。 面倒なメルマガサービスと違って就活が終わったら解除も楽々できます。
さらに、コンテンツは随時追加されるのでお楽しみに!

-就活・面接対策
-,

Copyright© 採用バンク | 首都特化型採用メディア , 2020 All Rights Reserved.