メンタル・悩み

転職で会社を退職することを伝えるタイミングはいつがベスト?

2019年11月8日

会社に行く度にストレスを感じ「そろそろ今いる会社を辞めたい!」と思い、転職活動を始めたのはいいものの、実際いつ会社を辞めることを伝えれば良いか分からないことって多いですよね。

  • 転職活動を開始した時点で辞めると言えばいいのか?
  • 内定を貰った時点で辞めると言えばいいのか?
  • 辞めると言ってからどれくらいの期間で辞めることができるのか?

など、こういった疑問が生じると思います。

今の会社を辞めて転職するにしても、やはり最後は清々しい気持ちで会社を辞めたいですよね!
この記事では「会社を辞めることを伝えたいけど、タイミングが分からない!」という方に向けてベストな退職のタイミングをまとめましたので、是非会社を退職する際の参考にして下さい!

転職で会社を辞めることを伝えるタイミングはいつがベスト?


退職届を提出してから実際にどのくらいの期間で退職することができるのかと言うと「期間の定めのない雇用契約」の場合、法律上は2週間となっています。

「期間の定めのない雇用契約」とは、会社との間で雇用契約を結ぶ時に、働く期間を予め○年や○ヶ月という風に決めていない雇用契約のことを指します。

恐らくほとんどの人は「期間の定めのない雇用契約を結んでいると思うので、退職届を提出してから最短2週間で法律上退職することができる人がほとんどだと思います。

しかし、いくら2週間で退職できると言っても業務の引継ぎをしないで退職したり、自分が辞めたら困るようなタイミングで会社を辞めるのはやはり会社からしても印象が悪いと思います。

なので、そういったことを考慮すると、会社を退職する場合は退職予定日の1.5~2か月ほど前に上司に会社を辞めることを伝えると良いでしょう。

会社を退職する場合は退職予定日の1.5~2か月ほど前に会社を辞めることを伝えよう!

業務の引継ぎや残った有給の消化、現在担当している仕事など様々なことを考慮して「自分がいなくなっても業務に支障が出ない」という状態で退職できることがベストです。

「すでに次の仕事が決まっているのだからそんなに気を使わなくてもいいのでは?」と思うかもしれませんが今後、前職の人たちと何かの縁で再び出会う可能性も0ではありません。

仮にそのようなことが起こっても大丈夫なように退職する時は円満退社を心がけましょう。

それではここからは具体的な退職時期についてまとめていきたいと思います。

実際に会社を退職する時期はいつがおすすめ?


会社の上司に退職を伝えるタイミングは退職をする1.5~2か月前がベストだとお伝えしました。しかしどうせ会社を辞めるのならベストなタイミングで会社を辞めたいですよね!
なので、ここからはベストな退職時期についてまとめていきたいと思います。

ボーナスを貰った後がおすすめ!

まず会社を退職するにあたって時期的に一番気になるのが「ボーナス」ではないでしょうか?
ボーナスが貰える1ヶ月前に会社を辞めるよりもボーナスをしっかりと貰ってから会社を辞めたいと思っている人も多いと思います。

ボーナスが支給される前に会社に退職することを伝えた場合、それがきっかけで支給されるボーナス額が減る可能性があります。

なので辞める時期としては、もしボーナスの時期が近ければボーナスを満額で貰ってから1~2か月後あたりで退職の旨を伝えるのがベストでしょう。

夏の賞与の場合、8月末~9月初旬あたりが退職時期。冬の賞与の場合は1月末が退職時期の目安になります。

有給を貰った後がおすすめ!


一般的な企業であれば1年に1回、有給が付与されます。

なので、もし会社を辞めようと思っているタイミングと有休を付与されるタイミングが近い場合は有給が付与された後で退職を切り出すのもおすすめです。

ガッツリと休んで次の会社に入社する前の準備をしたい場合はこういった有休をうまく活用することも1つの手になります。

求人が多い時期がおすすめ!

会社を転職するにしても求人の募集が少ない時期に転職活動を開始するよりも求人募集が多い時期に転職活動をした方が内定も早く決まると思います。

年間を通じて新規求人の量が増えるのは3月~4月と9月~10月あたりになります。

この時期は年度の切り替えに伴う退職者の後任補充や新規事業のスタートの時期ということもあって中途採用のニーズが普段よりも高まる傾向にあります。

なので、こういった時期を狙って転職活動をすると自分が理想としている企業に出会える可能性や、企業に採用される可能性が高くなるので転職活動も上手くいきやすくなります。

もしも退職がスムーズにできなかったら?

退職を考えていても会社によっては強引に引き止められたり、辞めさせてもらえないというケースがあります。

そういった場合の最終手段として退職代行を検討してみましょう。

本来なら双方が納得した上で円満退職することが理想です。しかし、残念なことに企業側がそれを許さないこともあるのです。

最終手段で使える!退職をスムーズにできる代行サービス

退職代行EXIT
⇒日本初の退職代行サービスで成功率はなんと100%を記録!
退職代行Jobs
⇒低価格で依頼できる安心の顧問弁護士監修の退職代行!

このようなサービスを利用することで、ストレスを抱えることなく、退職することが可能です。ただし、これはあくまで企業側に問題ある時だけ活用するようにしましょう。

「言い出すのが面倒だから」「上司と仲が悪いから」という理由で利用することは避けてくださいね!

転職の際に退職を伝えるタイミングは1.5~2か月前

この記事では転職で会社を辞めることを伝えるタイミングや、実際に退職する際のおすすめの時期などについてまとめました。

  • 退職を伝える時期は実際に退職する1.5~2か月前がおすすめ

そして実際に会社を退職する際は

  • ここにテキスボーナスを貰った後
  • 有給を貰った後
  • 求人が多い3月~4月と9月~10月あたり

などを狙って転職すると、恩恵を多く受けることができます。
今、転職を考えている場合は、こういったポイントを頭に入れて退職を考えてみて下さいね。

会社に迷惑をかけずに、最大限に恩恵を受け取って、円満退社しましょう!

穴埋めで自己PRがすぐ完成!?面接で無敵になれる100の質問集もプレゼント!

何をアピールすればいいかわからない…あなたの強みに気づけます!

自己PRがうまく作れない!という学生は数多くいます。 でも、実はコツさえ掴めば誰でも簡単に作成可能!

採用バンクは簡単な質問に答えたら穴埋め形式で作成できる 独自マニュアルを提供しています。

実際に選考で使われた例文でよりわかりやすく!

100の質問であなた自身を120%理解できる

自己分析と面接で活用できる100の質問も付属しています! すべての質問に答えた時、自分のことが今以上に理解できているはず。

自己PRがよりブラッシュアップできること間違いなし!

LINEに登録するだけでスグに受け取れます!

採用バンクのコンテンツはLINEの友達登録をするだけですぐに受け取れます。 面倒なメルマガサービスと違って就活が終わったら解除も楽々できます。
さらに、コンテンツは随時追加されるのでお楽しみに!

-メンタル・悩み
-, , , ,

Copyright© 採用バンク | 首都特化型採用メディア , 2020 All Rights Reserved.