メンタル・悩み

仕事に行きたくない…そんな悩みを解決!心が楽になる方法を伝授

仕事に行きたくないと感じているあなた。きっと今も一人で悩んでいませんか?「自分が情けない…」「でも、どうしても仕事に行きたくない…」という気持ちが出てきたら、心がSOSを発しているのかもしれません。この記事ではあなたの心が楽になる方法を一緒に探っていきます。

もくじ

仕事に行きたくない理由


「仕事に行きたくない…」と思うのは社会で働く多くの人が経験すること。仕事に行きたくない理由は人によってさまざまです。仕事に行きたくないと思ったら、まずその理由を考えるところから始めてみましょう。

職場の人間関係が負担になっている

仕事に行きたくない理由の1つに、職場での人間関係がストレスになっている場合があります。「あくまでも仕事での人間関係だ」と割り切って考えられないとつらくなって、毎日仕事に行きたくなくなってしまいます。

休日明けで気分がのらない

仕事に行く日は自分の好きなことができる休日とは違います。休日明けは「明日、職場に行ってまた長い時間仕事をするのがいやだなぁ」と思う人が多くいるでしょう。

身体が疲れている

自分の身体が疲れているときも「仕事に行きたくない…」と感じます。身体が疲れる原因は人によってさまざまでしょう。特に働き過ぎで疲れている場合は「もう疲れる仕事はやりたくない」と強く感じるかもしれません。

仕事にやりがいを感じない

今、自分の行っている仕事内容にやりがいが感じられないときにも、「仕事に行きたくない」という気持ちにつながる可能性があります。

キャパオーバーの仕事を抱えている

仕事量が自分の許容する量を超えてしまうと「仕事に行きたくない…」という気持ちにつながります。自分が精神的に追い詰められないよう、仕事量を調整することが大切です。

仕事で何かミスをしてしまった

仕事で何らかのミスをして会社に迷惑をかけてしまったというときも「仕事に行きたくない」という気持ちになります。自分自身を「情けない」と責める気持ちになるでしょう。また、ミスをしたことで人の目が気になるという場合もあるかもしれません。

自分の気持ちを抑えてストレスをためている

仕事をする上では自分の意思に反することを強いられる場合もあります。職場で思うように自分を表現することができないとストレスになって「仕事に行きたくない」と思う人もおおいでしょう。

仕事に行きたくないときの対処法


仕事に行きたくないと思ったとき、すぐに仕事を辞めてしまうのはリスクがあります。自分がなぜ仕事に行きたくないのか、まずは理由を考えてみましょう。そして、個々の理由にあった対処法を試していくことをおすすめします。ここでは、対処法を具体的にご紹介します。

職場の人間関係が負担になっているとき

嫌いな人と上手く付き合う方法を考える

世の中にはさまざまな人間がいます。社会にでて仕事をしていると、職場に嫌いな人・苦手な人が現れる可能性があります。その人たちと付き合うのが嫌で仕事に行きたくないと思ったことはありませんか?その場合は、仕事は仕事と考えて、嫌いな人・苦手な人と上手く付き合う術を身につけることが大切です。

自分が変わって徐々に環境を変えていく

自分が「この人嫌いだな」「苦手だな」と思っている気持ちを意識的に変えていくようにしましょう。もしかすると、あなたが嫌い・苦手と思っているのはその人の一部分で、本当は良い人なのかもしれません。自分が変わることで環境を整えていくのも一つの方法です。

部署の変更を申し出てみる

努力しても相手のことが嫌いで耐えられない場合、所属する部署の変更を申し出てみるといいかもしれません。

休日明けで気分がのらないとき

休日にダラダラと過ごさない

休日にダラダラ過ごしてしまうと、仕事の日がつらくなります。休日も仕事の日と同じように規則正しい生活を心がけましょう。

自分に頑張ったご褒美を与える

人は辛いことばかりではモチベーションが下がってしまいます。休日明けに憂鬱な気持ちをおして仕事に行けた日には自分自身にご褒美を与えるように習慣づけてみてはいかがでしょうか。

休日明けに仕事が残っていないようにする

休日明けに仕事に行くとたくさんの仕事が残っていると多くの人が「仕事に行きたくないなぁ」と思います。休日明けに仕事を持ち越すクセがある人は、なるべく休日前に仕事を終わらせるよう意識してみましょう。

身体が疲れているとき

ゆっくりお風呂につかる

お風呂をためてゆっくりつかると身体の冷えもとれるのでおすすめです。

十分な睡眠をとる

基本的に睡眠時間が少ないと身体も疲れてきます。「最近、睡眠時間が少ないなぁ」と思う人は、身体をじっくり休ませるためいつもより長く睡眠をとるようにしましょう。

栄養のある食事をしっかりとる

栄養が身体に行き渡っていないとだるく感じます。意識的に栄養の高い食事をとるよう心がけましょう。

仕事にやりがいを感じないとき

達成したことを書き出してみる

やりがいが感じられない時。達成できたことへの喜びを感じるとまた気持ちが違ってきます。少しのことでもいいので、その日達成したことをノートや紙に書き出してみましょう。

短時間で仕事を終わらせるようにする

やりがいの感じられない仕事は早く終わらせるように意識してみてください。短時間で仕事を終わらせるためには、いかに効率的にタスクを完了させるかです。タスク完了は達成感につながります。

仕事のやり方を変えてみる

一旦立ち止まって、今までの仕事のやり方を見直してみましょう。ダラダラと仕事をしていたり、無駄なことに時間を費やしていませんか。思い当たる人は仕事のやり方を変えてみることをおすすめします。

キャパオーバーの仕事を抱えているとき

仕事の割り振りを上司にお願いする

キャパオーバーだと周りに分かってもらうことから始めましょう。まずは上司に挑戦して、仕事量を減らせないか検討してもらうことが大切です。

同僚に仕事を手伝ってもらえないかお願いする

手の空いている同僚に仕事を手伝ってもらえないか聞いてみましょう。もし引き受けてもらえるようならぜひお願いしてみます。

仕事を安易に引き受けないようにする

自分がキャパオーバーになってしまう前に、自身の許容量をよく考える習慣をつけましょう。自分の許容量が分かっていると、仕事の引き受けすぎを防ぐことができます。

仕事で何かミスをしてしまったとき

『失敗は成功の元』と前向きに考える

人間ですからミスをする可能性はあります。仕事でミスしてしまったことが仕事に行きたくないという気持ちにつながっていませんか。そういう場合にはミスを前向きにとらえることが大切です。

誰かに話を聞いてもらって心をスッキリさせる

ミスしたことで心がモヤモヤしているなら、誰か親しい人に話を聞いてもらいましょう。話を聞いてもらうだけでも気持ちがスッキリするのでおすすめです。

同じミスを繰り返さない方法を考える

ミスしてしまったことを嘆くばかりでは成長できません。今後の活躍につなげるために、同じミスを繰り返さない方法を考えてみましょう。

自分の気持ちを抑えてストレスをためているとき

自分なりのストレス解消法を見つける

どのようなことでストレス解消できるかは個々で異なってきます。ストレスをためすぎないように、自分でできる手軽なストレス解消法を見つけておくといいでしょう。

自分の気持ちを上手く伝える方法を身につける

仕事をしていると自分の意見が通らなくて妥協しなければいけないことも多々あります。しかし、妥協してばかりではストレスがたまるので、自分の意見を上手に伝える術を身につけましょう。

仕事は仕事と割り切って考える

仕事もプライベートと同じように自分の好きなようにできると考えていたらストレスがたまります。仕事は仕事と割り切る気持ちも時には必要です。

仕事を上手に休む方法


では、対処法を試みても仕事に行きたくないという気持ちが拭えない場合を考えてみましょう。仕事をすぐに辞めるのは難しいので、とりあえず仕事を休んで様子を見るようにすることをおすすめします。ここでは、仕事を上手に休む方法をご紹介します。

体調が優れないと伝える

仕事を休む時には理由が必要です。まず、よく使われる理由の一つが体調不良です。頭痛や腹痛、発熱など体調不良といってもいろいろな症状があります。仕事を休んでも差し支えないような理由を伝えるようにしましょう。

前日に急用が入ったと伝える

もう一つの理由は急用ができたということです。例えば、「遠い親族のお葬式に参加する」「家族が急病になった」などがいいでしょう。

仕事を休むときの言い方見本


実際に仕事を休む時にはどのように伝えればいいのでしょう。ここではその文言例をご紹介します。

体調不良が理由のとき

自分:「おはようございます。〇〇です。本日、朝起きたら発熱しておりまして本日は大事をとってお休みさせていただきたいと思います。」
上司:「そうか、分かった。お大事に。」
自分:「はい。大変申し訳ございません。それでは、失礼いたします。」

家族の急用が理由のとき

自分:「おはようございます。〇〇です。本日、娘が急に体調を崩しまして、病院に連れて行こうと思っています。大変申し訳ございませんが、本日はお休みをいただけませんか。」
上司:「そうか。娘さん大丈夫なのか?」
自分:「はい。風邪の症状ですが万一に備えてお医者様に見ていただこうと思います。」
上司:「分かった。お大事に。」
自分:「ありがとうございます。では、失礼いたします。」

円滑に会社を辞める方法


仕事に行きたくないという気持ちがどうしても消えないときの最終手段は仕事を辞める事です。ただし、今後の転職のことも含めて考えると円滑に退職するようにした方がいいでしょう。
退職の第一歩は、直属の上司に退職の相談をすることから始まります。
次に退職届を提出して、最後に仕事の引き継ぎや退職の手続きをするという順番になります。
退職をする際には仕事の引き継ぎなどが必要になります。そのため、辞めたいと思ってもすぐに退職ができないということだけは覚えておきましょう。
最低でも退職の2ヶ月前には上司に退職の旨を伝えて準備をしていく必要があります。

辞めるのは最終手段!自分の気持ちを整理しよう


社会で働いている多くの人が「仕事に行きたくない」という気持ちになった経験があるのではないでしょうか。「仕事に行きたくない」と思う気持ちは甘えではありません。
大切なのは自分の心と身体のSOSに気づいて、早めに対処することです。個々の理由にあった対処法で「仕事に行きたくない」という気持ちが改善していくか試してみましょう。
経済的にも苦しくなるので、仕事を辞めるのは最終手段だということを覚えておきましょう。

穴埋めで自己PRがすぐ完成!?面接で無敵になれる100の質問集もプレゼント!

何をアピールすればいいかわからない…あなたの強みに気づけます!

自己PRがうまく作れない!という学生は数多くいます。 でも、実はコツさえ掴めば誰でも簡単に作成可能!

採用バンクは簡単な質問に答えたら穴埋め形式で作成できる 独自マニュアルを提供しています。

実際に選考で使われた例文でよりわかりやすく!

100の質問であなた自身を120%理解できる

自己分析と面接で活用できる100の質問も付属しています! すべての質問に答えた時、自分のことが今以上に理解できているはず。

自己PRがよりブラッシュアップできること間違いなし!

LINEに登録するだけでスグに受け取れます!

採用バンクのコンテンツはLINEの友達登録をするだけですぐに受け取れます。 面倒なメルマガサービスと違って就活が終わったら解除も楽々できます。
さらに、コンテンツは随時追加されるのでお楽しみに!

-メンタル・悩み
-

Copyright© 採用バンク | 首都特化型採用メディア , 2020 All Rights Reserved.