農林中央金庫への新卒採用希望者必見!内定獲得のためのマニュアル集 | 採用bank
業界・企業分析

農林中央金庫への新卒採用希望者必見!内定獲得のためのマニュアル集

農林中央金庫は、国内最大規模の機関投資家です。それゆえ、農林中央金庫に就職したいと考えているライバルはとても多く、新卒で簡単に内定を取れるほど、甘い企業ではありません。しかし、他のライバルよりも綿密に農林中央金庫に受かるための対策を行えば、あなたも十分内定を掴みとることが可能になります。

この記事では農林中央金庫が新卒採用で募集している職種や、求める人物像、面接対策などについて具体的にまとめましたので是非、参考にして下さい。

日本郵政グループへの新卒採用希望者必見!内定獲得のためのマニュアル集日本郵政グループに新卒採用で入社するにはどのような対策をすればよいでしょうか。日本郵政グループが新卒採用で募集している職種や日本郵政グループが求めている人物像、そして過去の面接を参考に回答のポイントを具体的に説明していきます。...
三井住友信託銀行新卒希望者必見!採用情報&選考対策マニュアル信託銀行とは、通常の預金や貸出などの銀行業務に加えて、預かった資産を運用する業務である信託業務を行うことができる銀行のことです。一般的な...

農林中央金庫が新卒採用で募集している3つの職種

そもそも農林中央金庫はどのような職種で新卒採用を行っているのでしょうか。農林中央金庫が募集している3つの職種について、具体的に説明していきます。

総合職

総合職は、食農ビジネスやリテールビジネス、投資ビジネスやコーポレートなどに携わります。企画立案や折衝判断、総括管理などを担当します。

特定職

特定職は、コーポレート部門のIT統括部や事務企画部に携わります。事務作業やITにかかる企画立案、総括管理業務などを担当します。

地域職

地域職は、食農ビジネスやリテールビジネス、投資ビジネスやコーポレートなどに携わります。フロントからミドル、バックなど幅広い業務を担当します。

農林中央金庫が求める3つの人物像

農林中央金庫が求める人物像にあなたが合っていれば、新卒採用で内定をつかみ取れる可能性は高まります。それでは、どのような人物像を求めているのか具体的に説明していきます。

働く意義が明確な人

現代社会はテクノロジーやグローバル化により、早いスピードで社会全体が変化しています。それに伴い、企業や銀行も時代の変化に合わせて、素早い対応が求められるでしょう。その中で農林中央金庫は「“何のために働くのか”という意義を持つことが大切」と述べています。

「何のために働くのか」という問いに明確に答えられる人材を、農林中央金庫は求めていると言えるでしょう。

地道な努力を続けていける人

農林中央金庫は、様々な実績を残しながら90年の歴史を重ねてきました。ホームページには「農林中央金庫の仕事は、ある日突然世界を大きく変えるものではない。なぜなら自然を相手にして、一朝一夕に変化や成果を生み出すものではないから」と書かれています。「ドカンと大きく社会を変えていきたい」と熱意がある学生にとっては、地味に感じるかもしれません。

しかし、少しずつ地域と農林水産業を守る人々に尽くす仕事をしたいと考えている学生にはピッタリの企業であると言えるでしょう。農林中央金庫は、そのような地道な努力を続けていける人材を求めています。

国際競争にチャレンジしていきたい人

農林中央金庫はメガバンクに比べると少人数ですが、”社会の変化に合わせて機動的に動ける”という点を武器にしています。武器を活かして、プロジェクトファイナンス部長は留学を経験し、ビジネススキルのブラッシュアップと人脈を広げられる機会を得ました。

そこでプロジェクトファイナンス部長は「農林中央金庫が世界規模に健全な競争を活性化できれば、日本や世界の為になるはず。そのため、前向きに国際競争にチャレンジしたい」と述べています。それを貪欲に追求し実現していくためにも、国際競争にチャレンジしていきたい人を、農林中央金庫は求めていると言えるでしょう。

農林中央金庫の新卒採用における選考フローと面接対策

農林中央金庫の新卒採用は、どのような選考フローを踏んで、どのような質問を面接で聞かれるのでしょうか。それぞれを具体的に説明していきます。

選考フロー

新卒採用の選考フローは下記の9ステップで進んでいきます。

  1. 説明会・セミナー
  2. ES
  3. Webテスト・SPI
  4. リクルーター面談・人事面談
  5. 一次面接
  6. 二次面接
  7. 三次面接
  8. 最終面接
  9. 内定

上記は総合職の選考フローです。職種によってはインターンや座談会・懇親会がありますが、基本的に上記のような流れで新卒採用の選考が進みます。

過去に聞かれた質問内容と回答のポイント

農林中央金庫の新卒者向け面接では一般的な質問のほか、農業に関する質問をされる傾向があります。ここでは新卒採用で実際に聞かれた質問や回答のポイントについて説明していきます。

入庫後どのようなビジネスに取り組みたいか、携わりたいか。

将来のビジョンを持っている人材かどうか見極められている可能性があります。なぜそのビジネスを行いたいのか、そのビジネスを通して何を得たいのかなど具体的に説明してみましょう。

何か私たちに質問したいことはありますか

新卒採用でよく聞かれる質問です。現在の社会状況を踏まえて回答すると良いアピールに繋がるかもしれません。例えば「今後、日本の人口や地方の人口が減少すると想定されますが、預金額減少リスクについて貴金庫ではどのような対策を立てていますか?」のような質問が挙げられます。

日本の農業は今後どうあるべきか。

農業に関する質問は、農林中央金庫の新卒採用面接でよく聞かれる傾向があります。農業の現状や課題、将来へ向けた対策など農業に関する知識は蓄えておきましょう。

農林中央金庫で働く人の声

農林中央金庫で働いている人は実際どのように感じているのか、みなさんの声を紹介していきます。

営業系
営業系
全国転勤を許容できる人であれば、色々な土地に行け、様々な人と話す機会があり、面白いと思う。北海道、九州、沖縄等が勤務地で人気。
IT系エンジニア
IT系エンジニア
時短勤務の職員は多いように思う。育児、産休の職員も多い休み等の後の職場復帰もきちんと迎えられているように思う。一般職でも総合職でも、仕事ぶりはきちんと評価されているように思う
営業系
営業系
やりたいと思ったことを提案できる土壌は整っている。またその提案内容をフラットに評価してくれる。いい意味でも悪い意味でも仕事の仕方は個人に片寄る。

引用元:カイシャの評判

日本の食と自然を守り続けたいと考えている人は農林中央金庫で活躍できる!

農林中央金庫は、金融を通じて日本の第一産業に貢献してきました。しかし現在は、少子化により農業や漁業などの担い手が著しく減少しています。農林中央金庫は「近道がない多種多様な課題に、あらゆる知恵と創意工夫、そして努力で対峙し続けていく」と述べています。

また「どんなに辛くても苦しくても、一人一人が前を向いて頑張り続けられるのは“日本食と自然”を守り続ける意義があるから」とも述べています。農林中央金庫と共に、日本の食と自然を守り続けていきたいと考えている人材は、きっと農林中央金庫で活躍していけるはずです。

農林中央金庫の待遇を紹介

農林中央金庫に入社しようと考えている新卒の方は、農林中央金庫の待遇についても気になりますよね。ここでは農林中央金庫の平均年収や福利厚生について具体的に説明していきます。

平均年収は800万円以上!

農林中央金庫の平均年収は890万円でした。年齢別に見た平均年収は下記の通りです。

  • 20代:507~631万円
  • 30代:694~792万円
  • 40代:890~996万円
  • 50代:1,023~1,068万円
  • 60代:720万円

部長クラスになると、平均年収は1,200万円を超えるため、高収入も夢ではありません。

農林中央金庫は福利厚生も充実している

一部ではありますが、農林中央金庫には下記のような福利厚生があります。

  • 通勤手当
  • 住居手当
  • 退職金制度
  • 独身寮、世帯寮完備
  • 各種保険完備
  • 産前・産後休業制度
  • 育児休業制度
  • ボランティア休暇
  • 保養所
  • 自己啓発支援制度

農林中央金庫は数十種類の福利厚生があり、とても充実しているといえます。

農林中央金庫の新卒採用を受ける前にもう一度チェックしよう

農林中央金庫は「地道な努力」という考え方を大切にしています。そのため新卒採用面接でも「地道な努力をしてきた経験」をアピールしてみましょう。その思いはきっと農林中央金庫に伝わるはずです。もう一度求める人物像や面接対策を確認して、あなたも農林中央金庫の新卒採用で内定をつかみ取ってくださいね。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で採用bank/新卒・中途の採用支援をフォローしよう!