日本政策投資銀行への新卒採用希望者必見!内定獲得のためのマニュアル集 | 採用bank
業界・企業分析

日本政策投資銀行への新卒採用希望者必見!内定獲得のためのマニュアル集

日本政策投資銀行は、日本の政策金融機関です。それゆえ、日本政策投資銀行に就職したいと考えているライバルはとても多く、新卒で簡単に内定を取れるほど、甘い企業ではありません。しかし、他のライバルよりも綿密に日本政策投資銀行に受かるための対策を行えば、あなたも十分内定を掴みとることが可能になります。

この記事では日本政策投資銀行が新卒採用で募集している職種や、求める人物像、面接対策などについて具体的にまとめましたので是非、参考にして下さい。

三井住友信託銀行新卒希望者必見!採用情報&選考対策マニュアル信託銀行とは、通常の預金や貸出などの銀行業務に加えて、預かった資産を運用する業務である信託業務を行うことができる銀行のことです。一般的な...
りそなグループの新卒希望者必見!採用情報&選考対策マニュアルりそなグループはりそな銀行と埼玉りそな銀行を統括する企業で、メガバンクでもない地方銀行でもない特有の銀行です。そのため個人資産管理はもち...

日本政策投資銀行が新卒採用で募集している2つの職種

そもそも日本政策投資銀行はどのような職種で新卒採用を行っているのでしょうか。日本政策投資銀行が募集している2つの職種について、具体的に説明していきます。

総合職

総合職は、ファイナンス業務や投融資審査業務、M&Aやアドバイザリー業務などに携わります。日本全国や海外への転勤を命じられる可能性もあります。

業務職

業務職は、業務プロセスのマネジメント業務を中心に、投融資業務やアドバイザリー業務、調査・国際業務などに携わります。基本的に転勤がない職種です。

日本政策投資銀行が求める3つの人物像

日本政策投資銀行が求める人物像にあなたが合っていれば、新卒採用で内定をつかみ取れる可能性は高まります。それでは、どのような人物像を求めているのか具体的に説明していきます。

自分自身を信じて行動できる人

ホームページには「日本政策投資銀行は欲張りな組織、世の中の役に立つことなら労をいとわないオンリーワンな組織だ」と書かれています。日本政策投資銀行は良い意味で自由度が高い会社です。しかし自由度が高い分、積極的な行動ができなければ何もできないことも考えられます。

また行動したとしても、時には道に迷う時もあるでしょう。そのような場面に出くわしても、自分自身を信じて行動していけるような人材を、日本政策投資銀行は求めていると言えるでしょう。

幅広い視野を持っている人

人事部の人は「私たちの判断が皆にとって“バランス”の取れたものでなければいけない」と述べています。日本政策投資銀行では社会のニーズを適切に読み取り、課題を洗い出した後に、自分なりの考えを持って最適解を導き出していくスキルが求められます。

また、人事部の人は「高い視点や広い視点から、偏りのない最適解を導き出していく必要がある」と述べています。偏りのある見方や答えをださないために、幅広い視野で物事を捉えられる人材を、日本政策投資銀行は求めていると言えるでしょう。

困難を乗り越える勇気があり、努力できる人

ホームページや社員インタビューを見ると、日本政策投資銀行には「開拓者」が多く集まっていると考えられます。実際にホームページには「前例のない、新しい取り組みにも臆することなく挑戦し、強い情熱とやり遂げる気概を持って臨むことができるか」というメッセージが書かれています。

日本政策投資銀行に入社すると、様々な困難が訪れるはずです。そのような困難を乗り越える勇気を持っており、乗り越えるための努力ができる人材を、日本政策投資銀行は求めていると言えるでしょう。

日本政策投資銀行の新卒採用における選考フローと面接対策

日本政策投資銀行の新卒採用は、どのような選考フローを踏んで、どのような質問を面接で聞かれるのでしょうか。それぞれを具体的に説明していきます。

選考フロー

新卒採用の選考フローは下記の5ステップで進んでいきます。

  1. ES
  2. 一次面接
  3. 二次面接
  4. 最終面接
  5. 内定

上記は業務職の選考フローです。職種によってはリクルーター面談・人事面談がありますが、基本的に上記のような流れで新卒採用の選考が進みます。

過去に聞かれた質問内容と回答のポイント

日本政策投資銀行の新卒者向け面接では一般的な質問のほか、日本政策投資銀行に入社して何がしたいのかを見極めるための質問をされる傾向があります。ここでは新卒採用で実際に聞かれた質問や回答のポイントについて説明していきます。

当社で何がしたいですか?

新卒採用でよく聞かれる質問なので、しっかり対策しておきましょう。日本政策投資銀行を通して叶えたい夢や、自分の夢達成にはなぜ日本政策投資銀行が必要なのかなどを伝えてみましょう。

当社の業務職に求められることは何だと思いますか?

「当社の○○職に求められることは何か」という質問は、日本政策投資銀行でよく聞かれます。先輩社員インタビューや日本政策投資銀行が求める人物像をチェックして備えましょう。

自ら考え、行動したことを教えてください。

自発的に行動できる人材かどうかを見極められている可能性があります。日本政策投資銀行は「積極性のある人材」を求めているため、チャレンジした経験があれば積極的にアピールしていきましょう。

日本政策投資銀行で働く人の声

日本政策投資銀行で働いている人は実際どのように感じているのか、みなさんの声を紹介していきます。

企画・事務・管理系
企画・事務・管理系
基本的に社員の方は皆さんかなり穏やかです。そのため、様々な仕事に対して都度感謝してくれる方が多く、とてもありがたく感じます。
企画・事務・管理系
企画・事務・管理系
時短等への配慮は抜群に良く、お休みを取りづらいと感じたことは一度もありません。正社員の育休産休取得率はかなり高いと考えられます。
企画・事務・管理系
企画・事務・管理系
環境問題の解決、省エネルギー対策、産業技術の高度化、都市再開発、地域活性化、交通渋滞の解消、モーダルシフト推進などの社会的意義の高いプロジェクトに関与できる。社内の雰囲気が良い。上下隔てなく自由な意見交換ができる。

引用元:カイシャの評判

急速に変化する時代の中で適切な判断ができる人は日本政策投資銀行で活躍できる!

国際金融規制の強化やマイナス金利など、金融機関を取り巻く環境は大きく変化しています。過去にもバブル崩壊や少子高齢化など、金融機関を取り巻く環境を大きく変える出来事は何度もありました。その都度日本政策投資銀行は、社会課題を見極めて適切な対応をしてきました。

日本政策投資銀行の社長は「変容する社会とお客様のニーズを踏まえ、経済価値と社会価値を両立するサステナビリティ経営を推進し、持続可能な社会の実現に貢献していく」と述べています。そのため、急速に変化する時代の中で適切な判断ができる人材は、きっと日本政策投資銀行で活躍できるはずです。

日本政策投資銀行の待遇を紹介

日本政策投資銀行に入社しようと考えている新卒の方は、日本政策投資銀行の待遇についても気になりますよね。ここでは日本政策投資銀行の平均年収や福利厚生について具体的に説明していきます。

平均年収は700万円以上!

日本政策投資銀行の平均年収は796万円でした。年齢別に見た平均年収は下記の通りです。

  • 20代:453~565万円
  • 30代:620~708万円
  • 40代:796~891万円
  • 50代:915~955万円
  • 60代:644万円

部長クラスになると平均年収は1,800万円を超えるため、高収入も夢ではありません。

日本政策投資銀行は福利厚生も充実している

一部ではありますが、日本政策投資銀行には下記のような福利厚生があります。

  • 住宅補助
  • 通勤費全額
  • 昼食費補助
  • 独身寮・社宅
  • スキルアップ制度
  • 通信教育講座
  • 公的資格取得補助
  • 社会保険完備
  • 各種特別休暇
  • 育児・介護休暇制度

日本政策投資銀行は数十種類の福利厚生があり、とても充実しているといえます。

日本政策投資銀行の新卒採用を受ける前にもう一度チェックしよう

日本政策投資銀行は「開拓者」という考え方を大切にしています。そのため新卒採用面接でも「日本政策投資銀行に入社したら“開拓者”としてどのような行動をしていきたいのか」といった点をアピールしてみましょう。その思いはきっと日本政策投資銀行に伝わるはずです。もう一度求める人物像や面接対策を確認して、あなたも日本政策投資銀行の新卒採用で内定をつかみ取ってくださいね。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で採用bank/新卒・中途の採用支援をフォローしよう!