日立製作所への新卒採用希望者必見!内定獲得のためのマニュアル集 | 採用bank
業界・企業分析

日立製作所への新卒採用希望者必見!内定獲得のためのマニュアル集

日立製作所は、大手電機メーカーです。それゆえ、日立製作所に就職したいと考えているライバルはとても多く、新卒で簡単に内定を取れるほど、甘い企業ではありません。しかし、他のライバルよりも綿密に日立製作所に受かるための対策を行えば、あなたも十分内定を掴みとることが可能になります。

この記事では日立製作所が新卒採用で募集している職種や、求める人物像、面接対策などについて具体的にまとめましたので是非、参考にして下さい。

パナソニック入社志望者必読!新卒採用情報とモノづくりの一流企業が求める”挑戦意欲の高い”人材とは!?パナソニック創設者であり、経営の神様と呼ばれ多くの技術者を世に輩出してきた松下幸之助氏。「ものをつくる前に、人をつくる」という言葉は、今...
富士通の新卒採用マニュアル!面接で受かるための情報満載大手企業「富士通」に新卒採用で入社するための対策やノウハウを紹介!富士通が新卒採用で募集している職種、求めている人物像、過去の面接での質問など、選考が有利に進むポイントをわかりやすく説明していきます。...

日立製作所が新卒採用で募集している3つの職種

そもそも日立製作所はどのような職種で新卒採用を行っているのでしょうか。日立製作所が募集している3つの職種について、具体的に説明していきます。

技術職

技術職は、細かく分けると4つの職種で新卒採用を実施しています。

研究開発

研究開発の仕事内容は、技術開発や素材研究、システム開発や製品に直結した研究などの研究開発業務です。基礎研究から応用研究までを担当するため、クリエイティビティとチャレンジ精神が求められます。

設計開発

設計開発の仕事内容は、機械やシステムの企画から開発、製品化などの設計開発業務です。マーケット動向や社会的にニーズに対応する製品を、世の中に提供していくことが設計開発の役割です。

生産技術

生産技術の仕事内容は、生産技術エンジニアとして生産技術の開発や実用化などです。生産量の拡大や生産効率の向上を技術面からサポートしていきます。

品質保証

品質保証の仕事内容は、製品やシステムが一定レベルの機能・性能・耐久性を超えているか確認することです。「品質こそ日立製品の本質」をテーマに厳密なチェックを実施しています。

事務職

事務職は、細かく分けると7つの職種で新卒採用を実施しています。

営業・営業技術

営業・営業技術の仕事内容は、マーケットの分析や製品の生み出し、お客様に最適な商品の提案などを行う営業業務です。市場を創造するプロデューサーとして活躍していきます。

資材調達

資材調達の仕事内容は、資材購買や外注・資材管理、国際調達などです。バイヤーとして活躍している人もいれば、商社型コミュニケーターとして活躍している人もいます。

生産管理

生産管理の仕事内容は、需要の予測や分析をした計画をもとに、最適な生産規模とタイミングを指示することです。日立が担う将来のビジネス規模を決める職種であるため、高度な情報収集能力と分析力が求められます。

人事総務

人事総務の仕事内容は、公平かつ客観的な視点でのアセスメントや制度に対するコンサルティング業務などです。日立製作所で活躍している約30,000万人の教育と組織作りを担っています。

経理財務

経理財務の仕事内容は、日立製作所の新たな戦略を「数字」の面から考えていくことです。日立製作所の経営コントロールタワーとして活躍しています。

法務

法務の仕事内容は、契約書作成のアドバイスや法的トラブルへの対応、M&Aに関するマネジメント業務などです。法的見地から日立製作所をサポートする役割を担っています。

企画

企画の仕事内容は、商品企画や営業企画、事業企画などの企画業務です。日立が進むべき道を決める、重要な役割を担っています。

技術・事務職

技術・事務職は、細かく分けると2つの職種で新卒採用を実施しています。

知的財産マネジメント

知的財産マネジメントの仕事内容は、著作権や企業の知的財産を保全・活用していくことです。先端技術への関心や語学力、対外的な交渉力などが求められます。

システムエンジニア

システムエンジニアの仕事内容は、システムの企画や設計、開発などです。政府や自治体、企業などが目指す将来を共有し、実現に向けたシステムを作り上げていきます。

日立製作所が求める3つの人物像

日立製作所が求める人物像にあなたが合っていれば、新卒採用で内定をつかみ取れる可能性は高まります。それでは、どのような人物像を求めているのか具体的に説明していきます。

社会貢献を優先できる人

日立製作所は創業以来「社会に貢献する」という理念を大切にしています。時代が変わることで、社会や消費者のニーズも変わります。しかし日立製作所は「社会貢献をしていくことだけは、時代が変わっても譲らない」と誓っています。

日立製作所には、様々な価値観や目標を持っている人がいますが、「日立製作所を通じて社会貢献をしていきたい」という想いは全社員共通しているはずです。このように「仕事を通じて社会貢献をしていきたい」というビジョンを持っている人材を、日立製作所は求めていると考えられます。

経験を積んで成長していける人

人事勤労本部長は「居心地のよいところ、好きなところだけにとどまっているのではなく、いろいろな場に出て、いろいろな人と交わり、いろいろな経験を積んでください」と述べています。何にも挑戦しないで生活している人よりも、多くのことにチャレンジすることができる人は人間としての厚みが出るからです。

人事勤労本部長も「時に挫折をしたり負けたりする気持ちも大切」とも述べていました。失敗から学ぶことも多いはずです。成功や失敗を繰り返して、経験を積みながら成長していきたいと思えるような人材を、日立製作所は求めています。

日立製作所のフロント人材として活躍してける人

日立製作所は「フロント人材」の強化に力を入れています。日立製作所が示すフロント人材とは、日立製作所の製品や技術を活用して、お客様の課題を解決するビジネスを創り上げていける人材のことです。フロント人材には、多様な発想力やコミュニケーション能力、対人能力や自発な行動力など幅広いスキルが求められます。簡単な仕事ではありませんが、人として大きく成長できると同時に、様々なスキルが身につくでしょう。

日立製作所の新卒採用における選考フローと面接対策

日立製作所の新卒採用は、どのような選考フローを踏んでどのような質問を面接で聞かれるのでしょうか。それぞれを具体的に説明していきます。

選考フロー

新卒採用の選考フローは下記の7ステップで進んでいきます。

  1. 説明会・セミナー
  2. 座談会・懇親会
  3. ES
  4. Webテスト・SPI
  5. 一次面接
  6. 最終面接
  7. 内定

上記は営業職の選考フローです。職種によってはグループディスカッションや二次面接がありますが、基本的に上記のような流れで新卒採用の選考が進みます。

過去に聞かれた質問内容と回答のポイント

日立製作所の新卒者向け面接では一般的な質問のほか、日立製作所をどのくらい分析しているのかを見極めるための質問を聞かれる傾向があります。ここでは新卒採用で実際に聞かれた質問や回答のポイントについて説明していきます。

アルバイトの経験はありますか。入社してからどう活かせますか。

新卒採用面接でよく聞かれる質問なので対策しておきましょう。「アルバイト経験を通じて○○のような実績を残した。そのため御社では、アルバイトで培った△△のスキルを活かせる」と伝えられると、具体性があり良いでしょう。

営業もしくは人事部に興味があるとのことだけど、なんでそう考えたんですか?今までの経験と絡めて教えてください。

自分の強みや日立製作所の営業や人事部でなければいけない理由などを含めて回答してみましょう。上記のように深掘りされる可能性がありますので、しっかり対策しておきましょう。

最近興味のあるITキーワードは?

なぜそのキーワードが好きなのか、そのキーワードの特徴は何か、など自ら深掘りして回答できると良いでしょう。

日立製作所で働く人の声

日立製作所で働いている人は実際どのように感じているのか、みなさんの声を紹介していきます。

電気・電子・機械系エンジニア
電気・電子・機械系エンジニア
各職場のコミュニケーションは取れていると思う。情報機密の管理徹底、品質管理もしっかりしている。技術の伝承も大切にしている。
電気・電子・機械系エンジニア
電気・電子・機械系エンジニア
時短勤務、育休、産休は惜しみなく女性社員が取りやすい環境となっている。勤労等のバックアップもしっかりしてる。
IT系エンジニア
IT系エンジニア
マネージドサービスを担当していることで、世の中の動向を念入りに確認することが多くなった。また、人とのコミュニケーションが増えたことで、よりコミュニケーション力は上がったと思っている。

引用元:カイシャの評判

日立製作所を通じて社会課題を解決したい人はきっと活躍できる!

日立製作所の社長は「社会イノベーション事業を通じて、一緒に社会課題を解決しよう」と述べています。日立製作所は、100年以上に渡りOTとITを組み合わせた「社会イノベーション事業」で世界が抱える課題解決に取り組んでいます。高齢化や都市化問題など時代が進むにつれて、課題も増えてくるでしょう。

そのため次々に生まれる課題を、日立製作所の製品や技術を通して解決していきたいと考えている人材は、きっと日立製作所で活躍できるはずです。

日立製作所の待遇を紹介

日立製作所に入社しようと考えている新卒の方は、日立製作所の待遇についても気になりますよね。ここでは日立製作所の平均年収や福利厚生について具体的に説明していきます。

平均年収は850万円以上!

有価証券報告書によると、日立製作所の平均年収は863万円でした。性別で分けると、男性の平均年収は977万円、女性の平均年収は737万円です。部長クラスになると、平均年収は1,400万円を超えるため、高収入も夢ではありません。

日立製作所は福利厚生も充実している

一部ではありますが、日立製作所には下記のような福利厚生があります。

  • 住宅支援(ファイナンシャルプラン相談や住宅ローン相談など)
  • 育児教育(育児施設利用費補助や教育費補助など)
  • 生活(家事代行利用料補助や自社製品購入費補助など)
  • 医療(人間ドッグ利用補助や医療費補助など)
  • 介護(介護施設利用費補助や介護製品購入補助など)
  • 自己啓発(各種スクール費用補助や資格取得費用補助など)
  • リフレッシュ(スポーツクラブ利用補助や旅行費用補助など)
  • 寄付金(慈善団体への寄付)

日立製作所は、カフェテリアプラン制度を導入している特徴があると同時に、数十種類の福利厚生があり、とても充実しているといえます。

日立製作所の新卒採用を受ける前にもう一度チェックしよう

日立製作所は「社会貢献」という考え方を大切にしています。そのため新卒採用面接でも「なぜ日立製作所を通じて社会貢献をしていきたいのか」といった点をアピールしてみましょう。その思いはきっと日立製作所に伝わるはずです。もう一度求める人物像や面接対策を確認して、あなたも日立製作所の新卒採用で内定をつかみ取ってくださいね。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で採用bank/新卒・中途の採用支援をフォローしよう!