JTBへの新卒採用希望者必見!ES・面接で受かるためのポイント満載 | 採用bank
業界・企業分析

JTBへの新卒採用希望者必見!ES・面接で受かるためのポイント満載

JTB株式会社は日本を代表する旅行会社で、パッケージツアー「ルックJTB」、「エースJTB」、「旅物語」などの旅行業をはじめ、時刻表や旅行雑誌「るるぶ」などの出版業やホテル、不動産、金融、情報サービスのような旅行業以外のなど様々な事業も統括している企業です。

近年では旅行業で培ったノウハウを利用し、様々な事業を展開。CMなどでも目にする機会が多くなり、国内旅行ではトップシェアを維持しています。その知名度の高さからJTBは、毎年大学生の就職志望企業アンケートで、頻繁にランキング上位に食い込むようになりました。そのため、JTBに入社して働きたいという学生が多く、内定を取るのはとても難しいと言えます。しかし、JTBがどのような人材を求めているのかをしっかり理解して対策を行えば、あなたもJTBの採用を勝ち取ることができるはずです。

この記事ではJTBの新卒採用に関するノウハウをまとめてご紹介します!これを読めば面接でのポイントを予め知ることができ、ライバルと差をつけることができるので選考を有利に進めることができます。この記事で分かることは以下の6点です。

  • JTBの会社概要
  • JTBの新卒採用で募集されている職種
  • JTBが求める人材
  • JTBの新卒採用選考フロー・過去の面接内容
  • JTBのインターンシップ情報
  • JTBの福利厚生や待遇

JTBが新卒採用で募集している職種から求める人材、福利厚生や待遇、選考フローなど、就活生が知りたい情報が満載です。では、さっそく見ていきましょう。

JTBはどんな会社?

JTBで選考を進めていくためには、JTBがどのような会社であるか事前に知っておく必要があります。以下にJTBの事業内容や経営理念についてまとめましたので、面接の際に聞かれた場合でもすぐに答えられるようにしておきましょう。

事業内容

JTBはグループ会社も含め、主に旅行業を行っています。 JTBは旅行業界の中で日本企業 No.1の地位を築き上げ、国内・国外の団体旅行はもちろん、個人旅行でもJTBで予約することができます。また、近年急増している 訪日外国人観光客向けのツアーも手掛けており、日本人向けの国内旅行事業だけでなく、外国人向けの日本観光ツアーなどの事業も JTBグループが柱となるよう取り組んでいます。

  • 旅行業
  • 旅客鉄道会社(JRなど)、その他の運輸機関の乗車船券類の発売に関する事業
  • 観光地の開発や旅行、観光施設に関する事業
  • 健康保養施設の開発、運営に関する事業
  • 雑誌(るるぶ)の出版販売、旅行関係情報の提供に関する事業
  • 旅行用諸物品の販売、取次事業

経営理念

地球を舞台に、人々の交流を創造し、平和で心豊かな社会の実現に貢献する 。

私たちがお客様に約束すること

  1. 私たちは、地球を舞台に自然、文化、歴史とのふれあいや人々の交流を創造し、お客様に感動と喜び を提供します。
  2. 私たちは、お客様と共に歩んできた100年を大切にし、これからも「価値ある出会い」を創造し続けます。

ブランドスローガン

感動のそばに、いつも。
お客様に感動を提供するため、近しい存在であり続けること。
お客様が感動で満ち足りたとき、その傍には我々がいること、を約束したもの。

《私たちが大切にすること》

  1. お客様満足の追求
    お客様の多様なニーズを確実に捉え、期待を超える価値を提供することでお客様満足度NO.1 に挑戦し続けます。
  2. 株主への責任
    不断の事業革新により、企業価値を高めるように努め、株主の期待に応えます。
  3. 事業パートナーとの共栄
    事業パートナーとは公明・公正な関係に徹し、お互いの繁栄をめざします。
  4. 自律創造型社員としての行動
    多様性を持った社員一人ひとりが、意欲的に能力と個性を発揮する「人財」として、新たな価値を 創造し続けます。
  5. 社会への貢献
    公正かつ透明な企業活動に努め、人々の交流の拡大を通じて地域社会の発展に貢献します。
  6. 地球上の資源への配慮
    自然環境・歴史的遺産・人々の織りなす文化など、地球上のかけがえのない資源を大切にします。

オフィス情報

東京都品川区東品川2-3-11 JTBビル

JTBの新卒採用職種

JTBの仕事は「国内・海外・国際(訪日外国人)旅行、企業出張、福利厚生、MICE、イベント、地域交流ビジネス等の各種営業、店頭・WEB・各種メディア等における商品販売・コンサルティング、商品企画(仕入造成)、システムエンジニア、出版、財務・経理・・・」など多岐に渡ります。

各社総合職コース

所属する会社が関わる事業を中心にあらゆる業務に従事する社員を募集対象としたコースです。それぞれの会社が担う事業の領域を広げ、会社をより成長させていきます。

《入社後のキャリア》
所属する会社ごとに経験を積み、より特化した知識・技能を身につけ、所属する会社、関連する事業のあらゆる業務に従事しキャリアを形成していきます。(国内外各地域にて勤務)

各社基幹職コース

従事する業務や勤務地等を特定する社員を募集対象としたコースです。活躍したい地域、携わりたい事業に特化し、高度な専門性を武器に業務に携わっていきます。

《入社後のキャリア》
所属する会社をベースとした経験・習熟を主とした育成を通じ、高度な専門性を身につけ、所属する会社を中心とした事業に従事しキャリアを形成していきます。(原則、予め特定したエリアにて勤務)

JTBの新卒採用で求められる人材

旅行業界でトップシェアを誇る JTBには、旅行業や観光業に関心の高い学生を中心に、就職を希望する人も多く、競争が激しくなっています。採用されるためには、JTBグループがどのような学生を求めているのかをチェックしておく必要があります。

自律創造型社員

JTBではこれから入社を希望する学生だけなく、グループ内で働く社員全員に対し「自律創造型社員」となることを掲げ、様々な教育を行っています。

  • 新しい情報やスキルを継続的に習得し、自己成長への努力を惜しまない人
  • 物事や組織の課題を認識し、その解決に向けて、自律的(主体的)に考え、行動できる人

そのために必要な力として『コミュニケーション能力・ホスピタリティ精神・主体性・発想力・ポジティブ思考』が求められます。

的確にニーズを引き出すコミュニケーション能力

JTB グループでは時代とともに変化する顧客ニーズに合わせた魅力的な旅行商品を開発することが求められます。そのため、 自ら新たなアイデアを考え付く能力の高い人材が求められます。

特に、アイデアを考える際には顧客のニーズを的確に汲みくみ取り、商品開発に活かす力が必要になってきます。このようなニーズを引き出す際や、自社商品の魅力を伝える際にはコミュニケーション能力が非常に大切になってきます。JTBは今後日本国内だけでなく外国人に向けた事業にも積極的に取り込むことを視野にいれているので、英語で外国人とコミュニケーションを取ることができる人材であれば重宝されるでしょう。

自ら考え、今までにない新しいアイディアを生み出す力

JTBでは自ら主体的に考える姿勢も求められ、常に受け身の姿勢を取ってしまうタイプだと、旅行商品の開発においても他社と似たようなものしか出すことができなくなってしまいます。インターネット専門の旅行会社の方が安価なプランが多く、顧客の心を掴むためには他社にはない魅力的な提案をすることが求められます。

既存の旅行商品をベースにするのではなく、1から新しい旅行商品や企画を開発できないか、自らしっかりと考える能力が今後のJTBグループには必要となります。

冷静にトラブルに対応できる包容力

旅行業では交通機関が遅延したり、顧客の荷物が予定通り目的地に届かなかったりといった様々なトラブルに対処する必要があります。トラブルが生じた際にも冷静に、顧客に対して温かみのある対応をする包容力も重要なスキルです 。

旅行は限られた期間の中で楽しのが一般的なので、迅速な対応が求められます。どれほど予想外のトラブルに遭遇した際にも、慌てず冷静に対処できる人材がJTBでは強く求められます。

JTBの新卒選考フロー・面接のポイント

ここからは実際の選考フローや過去の面接で質問された内容と回答のポイントを合わせてご紹介します。

選考フロー

  1. Club JTBにプレエントリー
  2. 自己PR動画の登録
  3. コース選択/WEBエントリーシートの登録
  4. WEB適性検査
  5. 面接選考

自己PR動画

学生がスマートフォンなどで動画を撮影し、その動画を企業に送信します。その動画をもとに選考していく新しい選考方法のことです。企業側が動画選考を行う意図として「書類上ではわからない、学生の人柄を知るため」です。ポイントは以下の2点です。

①結論を冒頭に

これは面接と同様で動画選考でも結論ファーストで答えるようにしましょう。採用担当者は多くの動画を観るため結論から先に、分かりやすく話しましょう。

②ハキハキ話す

動画ではカメラをしっかり見てハキハキ話しましょう。限られた時間でアピールしなければならないので、第一印象や話している時の表情はとても大切です。自分が思っている以上にハキハキ話すようにしましょう。

正しい自己PRをするためには、その企業の求める人材を理解した上で、その企業がどんな「強み」を求めているかを理解してしっかり準備しましょう。JTBであれば先程も述べた、「コミュニケーション能力・ホスピタリティ精神・主体性・発想力・ポジティブ思考」この5つを意識してみてください。

エントリーシート

JTBでは、「各社基幹職コース・各社総合職コース」のどちらかを選択してから、WEBエントリーシートを登録します。過去に多かった事例をご紹介します。

  • 志望動機
  • 自己PR
  • 趣味
  • あなたが自信
  • JTBグループで挑戦したいことはなにか
  • JTBで実現したいことは?
  • JTBグループに対する印象はどうか
  • JTBグループの事業で興味を持った内容とその理由は?
  • これまでで力を注いだことはなにか?得たものはなにか?

ポイントは、「具体例を挙げること」と「根拠を明確にすること」です。ただ旅行が好きだからというのではなく、なぜJTBなのか?JTBでしかできないことを含めて具体的に書いてみましょう。

グループ企業を受ける際の注意点

JTBグループだからこそ気をつけるべき点についてお話しします。まず、大切なのはグループ会社同士の関連性や特徴をしっかりと把握しておくことです。「JTBといえば旅行」というイメージがありますが、実際にはコンサルタント業や広告業を行う会社もあります。

同じグループ会社でも、違いについても詳しく理解していないと会社に合ったエントリーシートを作成するのは難しいです。また、グループ統合型のエントリーシートを提出する場合は、グループ全体についての理解が必要です。かなり細かい分社化により、たくさんの事業に力を入れている会社なので、隅々まで企業研究を怠らないようにしましょう。

WEB適性検査

一般的な学力検査、性格検査です。

面接選考

面接回数、面接内容はコース・事業会社により異なります。過去に多かった面接回数は3回です。事例と合わせて質問内容をご紹介します。

【一次面接】グループ面接 約50分 面接官3:学生5

  • 全員に自己PRと志望動機
  • その後はESを見ながら個人へ質問を1つずつ
  • 店舗販売の魅力は?
  • アルバイト先や旅行先であったハプニング経験は?

【二次面接】15分 面接官2:学生1

  • 自己PRと志望動機を3分で
  • アルバイトについて
  • アルバイトで大変だった事は?
  • ゼミ活動は?
  • 部活動は?
  • OG訪問の有無
  • どんな印象を持ったか?
  • 内定状況は?
  • 他の選考状況は?その中でなぜ旅行業界を選んだのか

【最終面接】15分 面接官2:学生1

  • 自己PRと志望動機を2分で
  • アルバイトについて
  • 一瞬ではなく長い時間の接客になるけど大丈夫?
  • 部活動について
  • 好きな言葉は?
  • 本を読みますか?そこから何がわかったのか
  • パソコンは得意ですか?
  • 結果とプロセスどっちが大事?

JTBの説明会では行列が出来る程の人気の企業です。本気で入りたいのであれば事前に下調べをし、あらゆる質問に答えられるようにしっかり準備して挑むのがベストです。また、時間のある人は個人旅行などで実際にJTBを利用してみると◎JTBの社員に触れ合う事が出来ますし、自分が働いている姿をイメージしやすくなり、面接の時の志望動機やネタにもなります。

JTBで働く先輩社員社員の声

30代/男性
30代/男性
会社の安定性』

業界において、他社に負けないブランド力で、 圧倒的に顧客からの信頼がある。 正直な社風で、責任感が強い。社員はみなJTBブランドが大好き。グループネットワークが多く事業の幅が広くできる。

30代/女性
30代/女性
『仕事を通じた成長』
私の場合、国内外の旅行販売だけでなく、挙式販売、渉外営業、経理の経験など様々な経験ができた。サービス業をするうえで、今後の転職活動に生かせる自信がついた。またその職務の中で部下の育成やマネジメントを任されていたので、よいステップアップになった。
40代/男性
40代/男性
『頑張った分年収が上がるシステム』
完全に年功序列はなくなり、頑張った社員がそれに応じ評価され報酬をもらえるようになったことは良い点であり、年齢に関係なく若手も遣り甲斐を感じていると思う。あまり表立っては見えないが近い年代では年上が年下より給与が少ないこともありいい刺激にもなっている。
20代/女性
20代/女性
『女性が働きやすい福利厚生』
職場環境がしっかりしている。福利厚生も充実しており、女性が働きやすい環境。自己評価が賞与に関係することもあり、個々がそれぞれに自己目標達成に向けて努力する会社。残業もほとんどなく、サービス残業は許さない社風のため、1分でも業務時間を過ぎると15分の残業となります。

カイシャの評判より引用

JTBの福利厚生や待遇

ここからはJTBの気になる平均年収やどんな環境で働けるかなど福利厚生を見ていきたいと思います。

JTBの平均年収は441万円

JTBの平均年収は441万円という結果になりました。年代別で見てみると以下のようになります。

20代:255万〜359万円
30代:412万〜459万円
40代:486万〜508万円
50代:494万〜516万円
60代:349万円

20代は日本の平均年収よりもやや高めでしたが、それ以降は日本の平均を下回る結果に。ですがJTBでは、「人を喜ばせたい」という想いから入社を希望する人が多いため、給与面を気にする人は少ないようです。

福利厚生

給与・手当

  • 大学卒初任給 210,000円+地域給
  • 昇給年1回、賞与年2回
  • 特別勤務手当
  • 通勤手当
  • 家族手当など

休日・休暇

  • 年間休日数116日以上(週1日の法定休日とその他休日を各人指定)
  • 年次有給休暇、結婚休暇、産前産後休暇、妊娠休暇、子の看護休暇、介護休暇など

社会保険

  • 雇用保険、労災保険、健康保険、厚生年金
  • 共済組合
  • 確定給付企業年金
  • 確定拠出年金

教育制度

  • 新入社員基礎教育
  • 国内・海外研修旅行
  • 各種集合教育
  • 実務研修
  • 海外派遣研修員制度など

JTBグループの人財戦略について

JTBグループでは、社員の成長と活力が会社の成長、グループの発展を支えるという基本理念のもと、社員は自ら専門性の向上と「自律創造型社員」への成長に努め、社は社員の個性や多様性を尊重し、教育とチャレンジの機会に満ちた活力ある風土の構築に努める。自律創造型社員として挑戦と成長を続ける社員にとって、物心両面において働きがいのある企業グループを形成する。 JTB公式HPより引用

人材育成のためのキャンパス「JTBユニバーシティ」

JTBグループでは、社員教育のための「JTBユニバーシティ」を運営しています。この「JTBユニバーシティ」には、日々の業務に必要な基礎知識やビジネスマナーはもちろんのこと、社員の成長にあわせて受講できる様々なカリキュラムが整備されています。

さらに、「JTBユニバーシティ」は、経営理念、ビジョン、戦略までを共有することによって、JTBグループで働く社員にとっての一体感を増す場という重要な役割も担っています。

ダイバーシティの推進

JTBグループでは、「個人の経験値や考え方、価値観などを互いに認め合うことで、社員全員がイキイキと働ける企業を目指す事が、JTBならではの、サービスや商品を生む源泉となる」と述べられています。お客様ニーズの多様化によって、旅行業界は変化を重ねています。こうした環境の中で持続的な発展を続けていくために、JTBグループはダイバーシティ推進に取り組んでいます。

ダイバーシティ推進に関する取り組み

JTBダイバーシティアワード

優れた事例をグループ全体で共有していくことを目的に、グループ各社・各部署が取り組むダイバーシティ推進の試みを、全世界のグループ役員が一堂に会する「ALL JTB MEETING」の場で表彰しています。

在宅勤務制度

一部の職場ではワークライフバランスの充実や生産性の向上のために、在宅勤務制度が導入されています。

育休中社員への復職セミナーの実施

育児休職者の円滑な職場復帰を目的に実施されているセミナー。先輩ママ社員の子育て体験や働き方に関するアドバイスを聞くこともでき、子育てをする社員のコミュニティ作りの場としても機能しています。女性社員が多い店頭事業を中心に実施されています。

ママネットワーク「びーmama」

子育てをしながら働き続けているママ社員(びーmama)が自発的に立ち上げ、「子育てアドバイスBOOK」を制作したり、ランチミーティングを行うといった活動を続けています。

JTBのインターンシップ情報

JTBの「キャリア体験」を通して、より理解を深めることができます。自分が働いている姿をイメージすることもできるので、JTBへ就職を希望する学生さんにおすすめです。

JTBグループインターンシップ1Day

「グローバル」、「広告・マーケティング」、「地域交流・訪日インバウンド」、「スポーツビジネス」の4つのテーマごとにリアルケースを模した本格的な事業提案プログラムです。JTBの多様なリソースとノウハウ、そして、さまざまな市場におけるJTBが挑むビジネスを体感できます。

《こんな人におすすめ》

  • 商社や外資系企業など、グローバルの軸でキャリアを考えている方
  • マーケティングや企画などの軸でキャリアを考えている方
  • 地域活性化など社会問題解決への興味を持っている方

JTBグループインターンシップ5Days

JTBビジネスの真髄を体感できる5Daysプログラム。JTBグループの実践をもとにした、追体験型ケーススタディ。リサーチ・マーケティング業務体験、企画書・提案書作成業務体験、プレゼンテーション体験、社員や内定者との意見交換・フィードバックなど、ビジネスを100%体感できます。

《こんな人におすすめ》

  • リアルなビジネスの実態を経験したい方
  • 志し高い仲間を見つけたい方

JTBグループ各社のインターンシップ

デジタル化や多様化する市場ニーズに対し、JTBグループ各社が展開する様々な事業領域を知る。それは皆さんが将来活躍するフィールドの選択肢を広げるきっかけとなります。

《こんな人におすすめ》

  • 「デジタル」「エンタメ」「出版」などのキーワードに興味がある方
  • 経理、財務、総務分野などプラットフォームビジネスに興味がある方
  • 製販一体での旅行マーケット作りや商品造成、出張などの旅行業務の専門性を追求したい方

まとめ~JTBで新卒として働くために~

JTBで新卒として働くためのポイントをおさらいします。

  • ニーズを引き出すコミュニケーション能力
  • 今までにない新しい発想やアイディアを生み出す
  • 自分で考え、主体的に動く
  • 冷静にトラブル対処ができ、ポジティブ思考ができる

JTB グループは日本の旅行業界の中でトップシェアを誇る企業です。高い信頼を背景に安心して旅行を申し込める企業として定着しています。

トップシェアを維持するだけでなく、これからの成長を実現するためには、主体的に考え、行動し、コミュニケーション能力の高い人材が求められます。さらに、人を喜ばせたいという温かな心を持った人材も、 JTBでは求められます。

人気企業であるJTBで「働きたい」と思う就活生は多いと考えられます。その中で内定をつかみ取るには、「この人となら一緒に仕事をしたい」と思われることが大切です。もう一度、この記事を読み返し、JTBが求める人材などを確認して、JTBに新卒採用で入社するために、しっかり準備しましょう。JTBの新卒採用情報をもっと詳しく知りたい方は、ぜひHPもチェックしてみてくださいね。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で採用bank/新卒・中途の採用支援をフォローしよう!