アマゾンジャパン(Amazon)への中途採用希望者必読!受かるためのノウハウ集 | 採用bank
業界・企業分析

アマゾンジャパン(Amazon)への中途採用希望者必読!受かるためのノウハウ集

通販事業最大手のAmazonを利用した経験がある人は多いと思います。今では通販だけではなく、AmazonプライムビデオやAmazonミュージックなどサブスクリプションサービスも増えて活用の幅が広がりましたね。

これだけ大きな企業になると当然ながら中途採用希望者も増えます。日本ではアマゾンジャパン(Amazon)の名称で人員を募集していますので、挑戦してみてもいいかもしれません。

今回はアマゾンジャパン(Amazon)に入社したいという方に、どのような職種が募集されているのかや、内定をもらうために意識すべきこと、面接でのノウハウ、働く人の声などをご紹介します。

この記事を読むことで、アマゾンジャパン(Amazon)から内定を得られる可能性が一気に高まりますのでご期待ください!

アマゾンジャパン(Amazon)の中途採用はこの職種

アマゾンジャパン(Amazon)の中途採用は幅広い職種でおこなわれています。ここでは、ざっくりと募集されている職種をまとめました。

総合職

営業や経営管理、オペレーションスタッフ、秘書、アシスタントなど細かく募集されています。特別なスキルが必要ないため、アマゾンジャパン(Amazon)の中途採用において最もハードルは低いといえます。

これまでの経験や適性を判断して採用が決まるポジションです。アマゾンジャパン(Amazon)は英語力を重要視していますが、総合職のポジションであれば該当しない職種も多いです。

総合職での内定を狙うのであれば、まずは転職エージェント経由で情報を入手しておくことで対策ができます。エージェントの二人三脚で挑めば選考通過率も大幅にアップしますよ。

Amazonの総合職におすすめのエージェント

doda
⇒転職のプロ厳選の求人を大公開!

type転職エージェント
⇒大手企業への転職成功実績が多数!

転職エージェント・ワークポート
⇒転職決定人数No.1の実績多数あり

企画職

事業企画やプロジェクトマネジメント、マーケター、アナリストなども募集されています。こちらはスキル重視のため未経験で採用されるのはむずかしいです。
さらに英語力が必要になりますので、単なるビジネススキルだけではクリアできません。

エンジニア職

エンジニアは物流システムやインフラ周りの開発や実現に携われます。日本のお客様が期待するフルフィルメントサービスを満たす技術を導入するために知識が欠かせません。中途採用のハードルは最も高いです。当然ながら英語力も必要となります。

エンジニアとしてある程度のキャリアがあるのなら、特化型のエージェントを利用することで選考通過率が大幅にアップします。

エージェントには企業から直接「求める人材の特徴」が知らされています。また、これまで実際に面接を通過した人の情報も解禁されます。

通常の求人票だけでは知ることができない情報を手に入れて、有利に転職活動をすることで、内定獲得が可能です。

エンジニアに特化した最強のエージェント

レバテックキャリア
⇒企業別対策によって内定獲得率が爆上がり!

ITエンジニア専門の転職エージェント【TechClipsエージェント】
⇒すべてが年収500万円以上の高収入案件!

このようなエージェントに頼ることで転職がよりスムーズになります。

英語力はTOEIC700~800点が必要

アマゾンジャパン(Amazon)で一般的に必要とされる英語力はTOEIC700~800点です。外資系であるため外国籍のメンバーも多数在籍しています。円滑なコミュニケーションを図るために一定レベル以上が必要です。

アマゾンジャパン(Amazon)が求める人物像

Amazonは「全員がリーダーである」という考えが根づいています。アマゾンジャパン(Amazon)も例外ではありません。非常に細かく求める人物が定められているのですが、よりわかりやすくお伝えするため簡潔にまとめました。

リーダーは会社全体のために動く

Amazonは全員がリーダーです。つまり、社員全員が会社全体のために動くという意識で仕事に取り組むことになります。

自分のチームだけ良ければいいという視野の狭さは致命的です。大切なのは長期的な価値を生み出すこと。厳しい環境下で仕事をする分、成長は著しいでしょう。

多様な考えを追求し自らの考えを反証する

リーダーに求められるのは正しい判断力です。そのために多様な考えを追求する姿勢が大切になります。

時には自らの考えを反証することも必要です。常に学び、自分自身を向上させ続けていかなければ生き残ることは困難でしょう。

スピードを意識してビジネスをおこなう

ビジネスはスピードが命です。意思決定や行動はやり直せるという考えの基、無駄な検証に時間をかけることはしません。優柔不断な人や石橋を叩いて渡るという人はアマゾンジャパン(Amazon)での活躍が見込めないでしょう。

アマゾンジャパン(Amazon)の選考ポイント

最大手の通販企業ということもあり、選考も一筋縄ではいきません。ひとつずつ確認していきましょう。

選考フロー

ポジションによって異なりますが、一般的には下記のフローでおこなわれます。

  1. エントリー
  2. 書類選考
  3. 一次面接
    ※適性検査やSPIを実施するケースもあります。
  4. ループ面接
    ※複数の面接官と個別に面接をおこないます。
    ※事前に特定のトピックスについて文章にまとめてご提出いただく場合があります。

SPI試験の難易度は高め

アマゾンジャパン(Amazon)のSPIは難易度が高く対策する必要があります。応募者が非常に多いため早い段階でふるいにかけるのです。

SPIはどこの企業も似たような問題を扱います。問題集を購入して練習しておくだけでも結果は変わってくるでしょう。

また、何よりも大切なのが「英語力」です。ポジションによってはTOEIC700~800点が必須なので注意しましょう。

面接でよく聞かれる質問と対策ポイント

アマゾンジャパン(Amazon)の中途採用面接では「志望動機」「成長したできごと」など一般的な質問もされますが、対策すべきは踏み込んだ質問です。以下を参考にして練ってみましょう。

仕事で苦労したこと、 失敗して乗り切った経験について教えてください。

アマゾンジャパン(Amazon)は全員がリーダーという考えなので、困難に立ち向かい、失敗しても立ち上がれるような人材を求めています。

仕事でリスクを伴う意思決定をしたことがありますか?

リーダーは時に苦渋の選択を迫られるケースがあります。自らで責任を背負える資質があるのかを判断されていると思われます。

指示を聞かない仲間にはどう接しますか?

チームを統制できる力があるのか。人との接し方やコミュニケーション力があるのかなどを確認していると思われます。

アマゾンジャパン(Amazon)で働く人の声

有名企業というだけで働き先を選択すると、入社後イメージとのギャップで早期離職につながるケースがあります。実際に働く人の声を参考に、自分に合うかどうかを再度確認してみてください。

女性(シニアマネージャー)
女性(シニアマネージャー)
【働きがい】
会社が成長し続けるので、期待と楽しさがあると思う。ただ業務が細分化されて効率性を究極に追求するシステムのため、管理職でもあるエリアのみを非常に深く追求することになる。

エリアは細分化されているが、任される裁量は非常に大きく、やりがいがあると共に給与水準が高くなければ継続が困難なほどのプレッシャーはある。ただこれも部署により異なると感じる。

新聞などで自社の記事を見ることも多く、様々な挑戦を続ける会社である事に多くの従業員は誇りを感じていると思う。 国際的な環境で、プレゼンやプロジェクトなど自分を常に磨く事が出来るし、成長環境があるとかんじる

【成長・キャリア開発】
トレーニング等は充実している。社内での転部なども推奨されており、キャリア形成は自分次第で如何様にも可能かと思う。ただ新卒への一般的なトレーニング等は他社の方が充実しているかもしれない(外資系企業の多くは実践から入る事が多いが、アマゾンは正にそのように見受ける。ただ新卒で大きな責任を任せて貰える良さもある)。
引用元:openwork

男性、技術職
男性、技術職
【働きがい】
お客様に直接商品が届けられるという流れの一部で働いているというところにやりがいがある。 身内、親戚、友人には殆ど知らない人がいない会社で働いているということもやりがいの一つ。

マネージャとなると、一般の会社の近いポジションよりも裁量権が広いのではないかと思う。結構自由にやりたいことをやらせてもらえる。

【成長・キャリア開発:】
少なくとも会社が成長をサポートしてくれるという環境ではない。もともと自身が持っているスキルを発揮することを求められていて、新たなことのチャレンジしてほしいので会社がサポートするということを期待してはいけない。

基本的に自分で切り開いていく文化。ただ、切り開いていけばたいてい報われるので、チャレンジは必要。
引用元:openwork

男性、技術職
男性、技術職
【働きがい】
毎日の仕事は地味なことをコツコツ重ねる仕事で、外から見た派手さとはイメージが異なります。しかし、この地道な仕事を重ねることで1年後に大きく事業が成長し、お客様のShopping Experienceを大きく変えることに繋がります。これがAmazonで働くことの醍醐味と言えます。

【成長・キャリア開発】
年に2回、Reviewを行い、上司と一緒に今後数年のキャリア形成について議論し、登録します。その中で次のステップに必要なAssignmentを明確にして、実際の業務にも反映します。
引用元:openwork

アマゾンジャパン(Amazon)の待遇や福利厚生は?

Amazonで働いていると聞いたら誰もが高給取りを想像すると思います。果たして実際に待遇や福利厚生は充実しているのでしょうか?

職種によるが平均年収は500万円

アマゾンジャパン(Amazon)は職種によって給与が異なります。また、年齢が上がるほど収入は増える傾向にあるようです。
50代を過ぎると年収1000万円に到達することも少なくありません。また、エンジニアは他職種に比べて高い傾向にあります。

Amazon商品を割引で購入できる福利厚生

アマゾンジャパン(Amazon)は福利厚生も整っています。とくに商品を割引で購入できるという制度は嬉しいですね。他にも以下のような福利厚生が存在します。

  • 制限付株式(RSU)
    社員にオーナーシップの機会を提供する取り組みとして、Amazonおよび関連会社の対象社員にAmazonの制限付き株式を付与します。
  • 確定拠出年金(DCプラン)
    拠出金を会社が負担する年金制度です。公的年金に加えて受給できます。
  • 社会保険
    アマゾンジャパン健康保険組合、厚生年金、雇用保険、労災保険。
アマゾンジャパンの中途採用を受ける前にチェック!

アマゾンジャパン(Amazon)は大変人気であるため、優秀だからといって簡単に入社できるわけではありません。

とくに、職種によっては高い英語力が求められます。SPIも高得点である必要があるので対策しておきましょう。

中途採用は通年でおこなっているので、気になる職種があればぜひ応募してみてください。

リーダーシップがある方ならきっと活躍できますよ!

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で採用bank/新卒・中途の採用支援をフォローしよう!