就活・面接対策

これを読めば完璧!動画面接でも自己紹介はするの?自己PRも必要?正しいやり方を徹底解説

近年、徐々に増えてきている「動画面接」には、企業と就活生の双方にメリットがあり、人材確保や就職活動を効率よく進められることから動画面接を取り入れる企業が増えてきています。

動画面接は、あらかじめ設定された質問に回答し、その様子を撮影して企業に送る新しい形式の面接です。通常の面接では、面接官から「では、自己紹介をお願いします」と言われてから始まりますが、動画面接はどのように始めたらいいのでしょうか?

今回は「動画面接をどうやって始めたらいいのかわからない」という疑問にお答えしたいと思います。動画面接での自己紹介のやり方や最初に何を言えばいいのか、動画面接の流れから注意点まで、就活生が知りたい情報を詳しくご紹介します。これから選考に臨む方はぜひ参考にしてくださいね。

動画面接とは?なぜ増えているのか?

動画面接は、企業があらかじめ音声やテキストで設定した質問に専用のアプリを使用して回答し、その様子を撮影した動画を企業に送ります。採用担当者は、その動画を見て合否を判断する新しい形式の面接です。

動画面接は企業にとって最も効率が良い方法

通常の面接では、面接の日程調整・面接会場の確保・面接官のスケジュール調整など時間や人件費など大きな負担となっていました。

しかし、動画面接を取り入れることで、応募者の動画を時間や場所に関係なく、採用チーム全体で共有することが可能になります。さらに、人数が多い一次選考で行うことでより効率よく採用活動を進めることができるのです。

就活生はリラックスして動画面接を行える

メリットがあるのは、企業だけではありません。就活生にとっても多くのメリットがあります。

  • 面接会場までの移動時間や交通費の負担を軽くできる
  • 好きな時間、好きな場所で行えるためスケジュール調整がしやすい
  • 自宅で行えるため、通常の面接よりもリラックスしてできる
  • 質問内容を予め知ることができる

このように動画面接は企業と就活生の両方にメリットがあるため、徐々に取り入れる企業が増えてきています。早めに対策をしておくと選考が有利になることは間違いないでしょう。

動画面接の流れ~自己紹介から挨拶~

まずは、企業から届いた録画面接の案内に従ってパソコン又はスマホにアプリをインストールして開始します。そしてしっかり挨拶をしてから面接を始めましょう。

まずは自己紹介から

通常の面接では「大学と氏名をお願いします」と面接官から声をかけられますが、動画面接ではそういった声かけはありません。そのため、質問に答える前に自ら自己紹介をしてスタートしましょう。

「○○大学、○年、○○○です。本日はよろしくお願い致します。」⇒お辞儀

目の前に面接官がいると想定して、通常の面接と同じように行うことがポイントです。

企業が設定した質問に答える

自己紹介の後は企業が設定した質問に答えます。動画面接では、一次面接で出されるような基本的な質問が多い傾向があります。

  • 志望動機
  • 学生時代に力を入れたこと
  • 自己PR
  • 長所、短所

それぞれ回答時間が設定されている場合もあるため、あまり長々と話さないようにしましょう。

最後にしっかり挨拶をして終了

全ての質問に答えた後、安心してはいけません。目の前に面接官がいると思ってください。最後に締めの言葉としてきちんと挨拶をして終わりましょう。

「ご覧いただき、ありがとうございました」⇒お辞儀

ここまで完璧にできれば、良い印象を与えることができるでしょう。

動画面接ではここを見ている!開始直後で合否が決まる!?

動画面接ではもちろん話す内容も大切ですが、それよりも『雰囲気を感じ取ってもらうこと』が大切です。ちょっとしたあいさつや表情、視線、話し方、声のトーンなど第一印象が大きく左右します。

つまり、一番最初の「自己紹介」が良い印象を与える重要なポイントで、最初の15秒がカギとも言われています。

第一印象を良くするために自己紹介で意識すること

画面を通じてしまうと印象が残りにくいため、いつもより「明るい表情、ワントーン上の声・大きな声」を心がけましょう。自己紹介だけでなく、動画面接の最中はずっと意識しておくことをおすすめします。

  • 笑顔、明るい表情
  • 背筋を伸ばして姿勢を正しくする
  • 話し方、声のトーンや大きさ

良い動画面接にするためのポイント6つ

  • 動画であっても「選考」なのできちんとした印象の服装を選ぶ(スーツが無難)
  • 明るい場所で撮影し、背景がシンプルで静かな場所を選ぶ
  • スマホ用の三脚を購入しカメラがぶれないようにしっかり固定する
  • 遠すぎず近すぎず、画面に両肩が写るぐらいの位置で撮影
  • 目線はまっすぐカメラを見る、カンペはNG!しっかり頭にいれて動画面接に臨む
  • 終始笑顔で、聞き取りやすようにハキハキと話す

動画面接の注意点《よくある失敗例》

スマホの充電切れ

質問に対する回答や、動画面接の準備に気を取られてしまい、忘れがちなのがスマホの充電です。古いタイプだと動画を撮っているとすぐに充電が切れてしまいますよね。

撮り直しができるように設定してあれば安心ですが、企業の中には撮り直しができないように設定している場合もあります。スマホの充電切れという初歩的なミスが起こらないように、事前に充電を100%にしておきましょう。心配な人は充電したまま動画面接を行うことをおすすめします。

カンペを見てしまい目線がズレている

面接は誰でも緊張してしまうものです。「途中で忘れたらどうしよう」と不安になりカンペを用意したくなる気持ちもわかります。ですが、カンペを見る際に目線が正面から外れてしまうと、動画を見た採用担当者には「カンペを見たな」とすぐにわかってしまいます。

自分をしっかりアピールするためには、カメラの向こうにいる採用担当者を「真っ直ぐ見ること」が大切です。通常の面接と同じように、目の前に面接官がいると思って動画面接を行いましょう。

カメラ映りを良くして好印象を狙え!

一番盛れる自然光で撮るのがベスト

カメラ写りをよくするには照明が非常に重要で、一番綺麗に撮れるのは「自然光」です。自然光が入る部屋で日中に撮影してみましょう。ただ、光が強すぎると逆効果になってしまう恐れがあるので、試し撮りをして調整してみてください。

また、背景は白い壁がおすすめです。明るい色の方が画面全体が明るくなり、カメラ映りも良くなります。自宅に白系の壁がない場合は、カーテンや大きめ布、模造紙を使うのもおすすめです。大学の教室などを借りて撮影してもOK!

他にもレフ版代わりに白い紙を使ってみたり、試し撮りをしながら工夫してみてください。

カメラに映る自分の位置にもこだわる

撮影をする時には、自分の位置にも気を配ることが大切です。構図の取り方がよいと、それだけで印象がグッとよくなります。

動画面接でよく使われるのは、バストショット(胸あたりから頭の先まで入ったサイズ)です。バストショットは、相手に顔の表情がよく見えるため、就活などの選考にふさわしい構図です。また、頭の上に卵1個分のすき間をつくるようにして撮影すると、全体のバランスが良くなります。

身だしなみは「清潔感」がいのち

「リクルートスーツでなきゃダメ」「私服でもOK」など様々な説がありますが、応募する企業によるでしょう。

例えば、アパレルなどのファッション業界であれば私服の方が良い場合もあります。多少のインパクトを持たせて採用担当者の記憶に残るようにした方が効果的でしょう。一方、金融などお堅い業界や企業ではスーツが基本です。その企業がどんな人材を求めているのか、企業研究をしっかり行いましょう。

スーツでも、私服でも大切なのは「清潔感」です。奇抜な服装・髪色・寝癖・スーツのしわ・ネクタイが曲がっているなど相手に不快な印象を与えるような身だしなみは避けるようにしてください。

まとめ

今回は動画面接の自己紹介でより良い印象を与える方法をご紹介しました。

ただ名乗るだけではなく、いつもよりワントーン高く、ハキハキと大きな声を意識しましょう。また、録画を始める前から笑顔をつくり、動画開始直後から「この人、なんかいいな」と思われることが大切です。

日々練習を重ね、今からできる対策をしっかり行えば、余裕を持って本番に臨めるでしょう。

穴埋めで自己PRがすぐ完成!?面接で無敵になれる100の質問集もプレゼント!

何をアピールすればいいかわからない…あなたの強みに気づけます!

自己PRがうまく作れない!という学生は数多くいます。 でも、実はコツさえ掴めば誰でも簡単に作成可能!

採用バンクは簡単な質問に答えたら穴埋め形式で作成できる 独自マニュアルを提供しています。

実際に選考で使われた例文でよりわかりやすく!

100の質問であなた自身を120%理解できる

自己分析と面接で活用できる100の質問も付属しています! すべての質問に答えた時、自分のことが今以上に理解できているはず。

自己PRがよりブラッシュアップできること間違いなし!

LINEに登録するだけでスグに受け取れます!

採用バンクのコンテンツはLINEの友達登録をするだけですぐに受け取れます。 面倒なメルマガサービスと違って就活が終わったら解除も楽々できます。
さらに、コンテンツは随時追加されるのでお楽しみに!

-就活・面接対策
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© 採用バンク | 首都特化型採用メディア , 2020 All Rights Reserved.