森ビルへの新卒採用希望者必見!内定獲得のためのマニュアル集 | 採用bank
業界・企業分析

森ビルへの新卒採用希望者必見!内定獲得のためのマニュアル集

森ビルは、大手不動産会社です。それゆえ、森ビルに就職したいと考えているライバルはとても多く、新卒で簡単に内定を取れるほど、甘い企業ではありません。しかし、他のライバルよりも綿密に森ビルに受かるための対策を行えば、あなたも十分内定を掴みとることが可能になります。

この記事では森ビルが新卒採用で募集している職種や、求める人物像、面接対策などについて具体的にまとめましたので是非、参考にして下さい。

不動産の志望動機は使い回しだと落ちる!受かるための例文集不動産業界を目指す際に志望動機を疎かにすると確実に不採用となります。では、採用担当者が納得する志望動機とはどのようなものなのでしょうか?不動産業界を目指す学生は必見です。...
住友林業への新卒採用希望者必見!内定獲得のためのマニュアル集住友林業に新卒採用で入社するにはどのような対策をすればよいでしょうか。住友林業が新卒採用で募集している職種や住友林業が求めている人物像、そして過去の面接を参考に回答のポイントを具体的に説明していきます。...

森ビルは2つの職種で新卒採用を実施している!

そもそも森ビルはどのような職種で新卒採用を行っているのでしょうか。森ビルが募集している2つの職種について、具体的に説明していきます。

総合職

総合職は、都市再開発の企画や計画立案、テナント営業や情報システム開発などに携わります。建設設計や設備設計、施設の運営や管理なども担当します。

ビルマネジメント職

ビルマネジメント職は、施設管理マネジメントやテナント対応、新規プロジェクト企画などに携わります。スタッフと連携して、仕事を効率的に進められるスキルが求められます。

森ビルが求める3つの人物像

森ビルが求める人物像にあなたが合っていれば、新卒採用で内定をつかみ取れる可能性は高まります。それでは、どのような人物像を求めているのか具体的に説明していきます。

常に「Best」を探し続けられる人

森ビルは常にハイレベルの街作りを目指しています。しかしハイレベルの街作りを実現するには、数多くの課題や障壁が訪れることでしょう。森ビルで活躍している人は「中には、すぐに正解が見つからないこともある」と述べています。それと同時に「常に“Best”を探し続ける姿勢が森ビルらしさと言える」とも述べていました。

森ビルは、難しい課題や困難が立ちはだかっても、常に「Best」を探し続けられる人材を求めていると言えるでしょう。

オンリーワンを創造するために考え続けられる人

森ビルで活躍している人は「“考え抜く”ことでオンリーワンのアイデアを生み出し“考え続ける“ことで時代の変化に対応するオンリーワンの形を作り出す」と述べています。これは森ビルに受け継がれるセオリーと言われています。そのセオリーのもと、今も森ビルはオンリーワンを創造し続けているはずです。

オンリーワンを創造するために、常に考え続けられる人材を森ビルは求めていると言えるでしょう。

不可能を可能にするために挑戦し続けられる人

森ビルで活躍している人は「不可能に挑戦し、不可能を可能にする。その想像力が森ビルの強さ」と述べています。実際に森ビルは、その想像力を活かして六本木ヒルズのような賑わいのある都市を作り続けてきました。ビジョン達成のために不可能と考えられることも可能にするために、挑戦し続けられる人材を森ビルは求めていると言えるでしょう。

森ビルの新卒採用における選考フローと面接対策

森ビルの新卒採用は、どのような選考フローを踏んで、どのような質問を面接で聞かれるのでしょうか。それぞれを具体的に説明していきます。

選考フロー

新卒採用の選考フローは下記の7ステップで進んでいきます。

  1. Webエントリー
  2. Webテスト・SPI
  3. グループディスカッション
  4. 一次面接
  5. 二次面接
  6. 最終面接
  7. 内定

上記は総合職の選考フローです。年度によっては選考内容が多少変わる場合もありますが、基本的に上記のような流れで新卒採用の選考が進みます。

過去に聞かれた質問内容と回答のポイント

森ビルの新卒者向け面接では一般的な質問のほか、挫折経験やチャレンジしたことについて質問をされる傾向があります。ここでは新卒採用で実際に聞かれた質問や回答のポイントについて説明していきます。

挫折経験を教えてください。

挫折経験に関する質問は新卒採用でよく聞かれます。挫折から学んだことや、挫折が活きた経験などを伝えてみましょう。

森ビルの建物で一番好きなものはどれですか?

このような質問は、不動産会社の面接でよく聞かれる傾向があります。面接を受ける会社が手掛けている作品は必ず把握しておき、良い点・課題点などをまとめておきましょう。

学生時代に頑張ったことを教えてください。

森ビルの新卒採用面接では学生時代のことについてよく聞かれる傾向があります。学生時代に成し遂げたことやアルバイトから学んだことなど、学生時代の出来事をまとめて見ましょう。

森ビルで働く人の声

森ビルで働いている人は実際どのように感じているのか、みなさんの声を紹介していきます。

企画・事務・管理系
企画・事務・管理系
社会的意義のある街づくり、新しい価値を想像する大きな仕事です。都市に資産価値を持たせることで新しい東京をつくっていけます。
企画・事務・管理系
企画・事務・管理系
お子さんがいる方は頻繁に休むことができ、遅刻をするが何も言われないので働きやすいと思う。自宅にPCを持ち帰り作業する事も許されているので、本当にいい職場だと思う。
企画・事務・管理系
企画・事務・管理系
プロジェクトチーム内ではチームの一員であることが重視されるため、仕事は分担して早く終わらせるのではなく、皆で一緒にゆっくり時間をかけて進める。細かいことは気にしない社風なので、入社したばかりでも緊張感をもつことなくとても気楽に仕事ができるのはうれしい。チーム内での「仲の良さ」が特徴で、上司は雰囲気が悪くならないよう個々人の言動を全て尊重してくれる。あと、アジアの数カ国にオフィスはあるが、雰囲気も価値観もとても日本的な企業である。

引用元:カイシャの評判

既成概念に捉われず積極的に行動できる人は森ビルで活躍できる!

社長は「森ビルには、既成概念に捉われずに、自ら考えて自ら行動できる社風がある」と述べています。それと同時に「その社風が、新しい価値や魅力を生み出してきた原動力であり、都市という舞台を創造していく力である」と述べています。実際にタウンマネジメントという森ビル独自の仕組みを生み出し、六本木ヒルズで実践してきました。

また、社長は「このモデルをさらに進化させ、東京という世界都市作りへ発展させていきたい」と述べています。既成概念に捉われずに積極的に行動していける人材は、きっと森ビルで活躍できるはずです。

森ビルの待遇を紹介

森ビルに入社しようと考えている新卒の方は、森ビルの待遇についても気になりますよね。ここでは森ビルの平均年収や福利厚生について具体的に説明していきます。

平均年収は700万円以上!

森ビルの平均年収は776万円でした。年齢別に見た平均年収は下記の通りです。

  • 20代:392~551万円
  • 30代:505~690万円
  • 40代:655~869万円
  • 50代:821~931万円
  • 60代:528~628万円

部長クラスになると、平均年収は1,200万円を超えるため、高収入も夢ではありません。

森ビルは福利厚生も充実している

一部ではありますが、森ビルには下記のような福利厚生があります。

  • 特別休暇
  • 企業年金
  • 社内積立
  • 保養所
  • 都心移住補助
  • 新陸会
  • 社宅制度
  • 財形持家
  • 資格試験補助制度
  • カフェテリアプラン

森ビルはカフェテリアプラン生制度を導入している特徴があると同時に、数十種類の福利厚生があり、とても充実しているといえます。

森ビルの新卒採用を受ける前にもう一度チェックしよう

森ビルは「固定概念・既成概念に捉われずにチャレンジし続ける」という考え方を大切にしています。そのため新卒採用面接でも「固定概念・既成概念に捉われずにチャレンジしてきた経験」をアピールしてみましょう。その思いはきっと森ビルに伝わるはずです。もう一度求める人物像や面接対策を確認して、あなたも森ビルの新卒採用で内定をつかみ取ってくださいね。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で採用bank/新卒・中途の採用支援をフォローしよう!