就活・面接対策

東京で転職するメリットとデメリット!成功のコツと注意点を徹底解説

2020年7月22日

一度は地方で就職したものの、新天地で自分の実力を試したい、華やかな都会で生活したいなどと考えて、東京での就職を希望する人もいるでしょう。しかし、東京で転職するにはメリットもあればデメリットもあります。

そこで、今回は東京で転職するときのメリットとデメリットを紹介するとともに、成功のコツと注意点についても解説します。東京での転職を考えている人は参考にしてください。

東京で転職するメリット

地元での社会人生活に慣れてくると、さらに成長したいと感じ、スキルアップするために東京で転職したいと考える人もいるでしょう。東京での転職では、スキルアップが望める他にもいくつかのメリットがあります。

これまでの経験を活かした転職活動を行ないやすい

東京は求人数が多く、職務経験がある人を求めている企業もみつけやすいです。それまで培ってきた経験を活かしたうえで、さらにスキルアップできるような仕事もあるでしょう。

選考では、これまでのキャリアを企業側にアピールしつつ、その企業で成長したいことを表現することで内定に繋がるでしょう。

年収がアップする可能性が高い

東京は平均年収が他の都道府県より高く、同じ仕事をしていても、地方より東京で働くほうが給与がアップするという人がたくさんいます。

また、スキルや経験によって給与は異なるので、これまでの経歴や取得した資格などは正確に伝えるようにしましょう。

プライベートが充実する

東京にはメディアで紹介されているような有名なスポットがたくさんあります。また人口も多く、多種多様な人がいることも特徴的です。

オフの時間に様々な場所を訪れたり、多くの人に会ったりしてプライベートを充実させることができることも魅力の一つです。

東京で転職するデメリット

華やかなイメージのある東京での転職ですが、メリットばかりではありません。東京で転職するときのデメリットもご紹介します。

ライバルが多い

東京は求人数の多いところですが、その分ライバルも多くいます。また、就職後にも社内での競争が激しい場合も多いです。ライバルが多いことは、常にモチベーションを保ち続けることができ、自分の成長につながります。

しかし、そのことがストレスになってしまい仕事が続けられなくなってしまう人もいます。自分の性格を見極めたうえで、転職活動を行ないましょう。

人間関係が希薄になってしまいがち

東京で転職すると、家族と離れ、これまで関係を築いてきた友人とも気軽には会えない状況になる人がほとんどです。東京で新たな人間関係を築こうと考えていても、地方出身者が多い東京では地域コミュニティが薄く、地方と同じような関係性を作ることがむずかしい場合もあります。

仕事関係以外の場での出会いを広げるためには、同じ趣味を持った人たちのサークル活動や出会いを求めている人同士が参加するパーティーなどに参加するといいでしょう。

ブラック企業も多い

東京には様々な企業があり、それが求人数の多さにも繋がっています。外資系やベンチャー企業など種類も多岐にわたり、自分が働きたいと思える企業や職種にも出会えるでしょう。しかし、数が多いだけあって、なかにはブラック企業と呼ばれるような企業も存在します。

いわゆる就業時間が長かったり、残業代が支払われなかったりするケースも。転職活動を行なうときには、ブラック企業なのかどうかを見極めながら、慎重に転職先を選ぶ必要があります。

東京での転職活動を成功させるコツ

地元を離れ、東京で生活するためには、転職を成功させる必要があります。いくつかのコツをご紹介します。

この企業でなければならないという志望動機をしっかりと固めておく

東京で転職したいという思いだけが先行して、東京の企業に就職することだけが目標になってしまう人がいます。しかし、転職活動では志望動機などでその企業に就職したい理由を尋ねられることがほとんどです。

なぜその企業に就職したいのかを伝えることができないと、内定には繋がりません。この企業でなければならない理由については、応募前に固めておくようにしましょう。

余裕を持ったスケジュール管理を行なう

転職活動では、スケジュール管理が大切になります。転職するときは、仕事をしながら東京に通い、就職活動を行なうことになります。仕事の休みを調整し、限られた時間の中で企業を訪れたり、家探しをしたりしなければなりません。

長く休みを取得したり、何度も東京へ通ったりすることは負担も大きいため、なるべく集中して転職活動を行なおうと考えるでしょう。このため、さまざまな予定を詰め込みがちになってしまいます。

しかし、交通事情や天候に左右されてしまいスケジュールが上手くこなせないこともあります。慣れない土地での移動に戸惑ってしまうことも考えられるでしょう。余裕のある計画を立てて、スケジュールをこなすようにしましょう。

OB・OG訪問をして内情を確かめよう

OB・OG訪問は新卒者が就活のときにするものだと考えている人もいます。しかし、第二新卒以降の転職者にとっても大切な情報源です。より良い企業への転職を目指すのであれば、やはり現在その企業で働いている人の話は重要です。

知人から紹介してもらったり、インターネットで探したりして、地方出身のOBやOGを訪ねて、情報収集を行ないましょう。

東京で転職活動をするときの注意点


東京で転職活動をするときにはいくつかの注意点があります。東京での転職活動をスムーズにするためにもポイントをおさえておいてください。

転職先が決まる前の移住はNG

転職先が決まる前に、前職を退職し東京に移住してしまう人がいます。就職活動は東京で行なうことになるので、移住してから仕事を探すことで交通費がかからない、移動の時間ロスが減ると考えてしまうからです。

しかし、移住してからの転職活動はリスクを伴います。転職先がすぐに見つかれば問題はありませんが、みつからない場合、以下のようなデメリットが生じます。

  • 仕事の空白期間が生じてしまう
  • 焦って転職先を決めてしまう
  • 生活費がなくなっていく

仕事の空白期間については履歴書から採用担当者に伝わります。この期間が長くなると、計画性なく東京に移住してきたのではないか?という印象を持たれてしまいます。また、空白期間が長くなることは焦りにもつながります。

また焦って転職先を決めてしまった結果、理想の就職とはかけ離れてしまうことがあり、それが離職につながってしまいます。就職活動が長くなると、収入のない状態で生活していかなければならないこともネックになります。

転職直後の生活費を事前に準備しておく

十分な給与を得られる企業に転職しても、給与はすぐに支払われるわけではなく、当面の生活費の準備は必要です。

企業によっては、月末締めの翌月末支払いというところもあります。物価の高い東京で、最初の給与が支払われるまでの間生活できる金額を、余裕をもって準備しておくようにしましょう。

事前の準備で不安を払拭してメリットのある東京での転職を成功させよう


それまで生活してきた土地を離れて東京で生活することには、憧れのある一方で不安になる要素もあります。しかし、事前にしっかりとリサーチをし、準備をすればスムーズに転職活動を行なうことができるでしょう。

メリットとデメリットをしっかりと知ったうえで、自分に合っているのかどうかを見極めまてください。そのうえで、東京での転職活動をスタートさせましょう。

穴埋めで自己PRがすぐ完成!?面接で無敵になれる100の質問集もプレゼント!

何をアピールすればいいかわからない…あなたの強みに気づけます!

自己PRがうまく作れない!という学生は数多くいます。 でも、実はコツさえ掴めば誰でも簡単に作成可能!

採用バンクは簡単な質問に答えたら穴埋め形式で作成できる 独自マニュアルを提供しています。

実際に選考で使われた例文でよりわかりやすく!

100の質問であなた自身を120%理解できる

自己分析と面接で活用できる100の質問も付属しています! すべての質問に答えた時、自分のことが今以上に理解できているはず。

自己PRがよりブラッシュアップできること間違いなし!

LINEに登録するだけでスグに受け取れます!

採用バンクのコンテンツはLINEの友達登録をするだけですぐに受け取れます。 面倒なメルマガサービスと違って就活が終わったら解除も楽々できます。
さらに、コンテンツは随時追加されるのでお楽しみに!

-就活・面接対策
-, , , , , , ,

Copyright© 採用バンク | 首都特化型採用メディア , 2020 All Rights Reserved.