楽天の新卒希望者必見!採用情報&選考対策マニュアル | 採用bank
業界・企業分析

楽天の新卒希望者必見!採用情報&選考対策マニュアル

日本のトップ企業である楽天。楽天市場や楽天銀行、最近では楽天ペイなど、多くの日本人が楽天のサービスを便利に活用し、今ではなくてはならないサービスとして浸透しています。今後も益々事業が拡大していくことが予想されている楽天に入社して働きたいと考えている学生の方も多いのではないでしょうか?

この記事ではそのような方の為に楽天グループの新卒採用についてまとめましたので是非、参考にして下さい。

本記事で分かること
  • 楽天の企業理念や事業内容は?
  • 楽天で新卒募集されている職種は?
  • 楽天が求める人材は?
  • 楽天の新卒採用の流れは?
  • 楽天の新卒採用選考・ポイントや対策は?
  • 楽天で働いている人はどんな人?
  • 楽天はどんな職場環境?

楽天は有名で人気の企業であることから内定ハードルは非常に高いですが、楽天の価値観や求める人物像に共感ししっかりとアピールすることができれば、新卒内定も夢ではありません。ぜひ楽天の新卒採用にチャレンジしてみてください!

また楽天の中途採用については次の記事を参考にしてください。

楽天への中途採用希望者必読!受かるためのノウハウ集楽天は通販事業やクレジットカード決済事業などを展開し、CMでも見かける話題の企業です、当然、中途採用で働きたいという方も大勢います。この記事では楽天の中途採用を受けようと考えている方に募集職種や選考のポイントなどをご紹介します。...

楽天と同様に巨大なグループ企業であるLINEの新卒採用もぜひ参考にしてみてください。

LINEへの新卒採用希望者必見!内定獲得のためのマニュアル集LINEに新卒採用で入社するにはどのような対策をすればよいでしょうか。LINEが新卒採用で募集している職種やLINEが求めている人物像、そして過去の面接を参考に回答のポイントを具体的に説明していきます。...

 

楽天はどんな会社?事業内容は?

日本で最も大きなECサイト「楽天市場」を運営していることで知られる楽天ですが、企業理念や細やかな事業内容について知っている方はそこまで多くないのではないでしょうか?ここではそんな楽天の企業理念や事業内容について説明していきます。

楽天企業理念

楽天の企業理念がこちらです。

楽天グループは、「イノベーションを通じて、人々と社会をエンパワーメントする」ことをミッションとしています。

ユーザーや取引先企業へ満足度の高いサービスを提供するとともに、多くの人々の成長を後押しすることで、社会を変革し豊かにしていきます。

「グローバル イノベーション カンパニー」であり続けるというビジョンのもと、企業価値・株主価値の最大化を図ってまいります。

引用:https://corp.rakuten.co.jp/careers/graduates/about_rakuten/

この理念にもある、グローバルイノベーションカンパニーとして世界中に価値を提供していくために楽天が大切にしている行動指針が「楽天主義」です。

楽天の「楽天主義」
  • 楽天グループ企業倫理憲章
  • 行動規範8ヶ条
  • ブランドコンセプト
  • 成功のコンセプト
  • 仕事の進め方

楽天主義とはこの5つから成る考え方のことで、楽天で働く全てのスタッフで共有されている価値観です。

1997年の創業時にはたった6人のベンチャー企業だった楽天が、今では世界でも有数の巨大なグループ企業に成長していますが、この原動力になっているのが企業理念や行動指針である「楽天主義」であり、スタッフ一人一人のアントレプレナーシップ(起業家精神)が育っている証でもあります。

楽天の事業は2つの柱で成り立っている

楽天は複数の企業に派生している巨大な規模のグループ企業です。楽天市場や楽天トラベルのようなサービス事業を扱っている複数の企業と、その複数の企業を取りまとめる企業との2つの柱で成り立っています。

サービス
事業会社
  • コマースカンパニー(楽天市場・楽天トラベルなど)
  • フィンテックグループカンパニー(楽天ペイ・楽天カードなど)
  • メディア&スポーツカンパニー(楽天TV・楽天デリバリーなど)
  • コミュニケーションズ&エナジーカンパニー(楽天モバイル・楽天エナジーなど)
  • インベストメント&インキュベーションカンパニー(楽天キャピタルなど)
取りまとめる
会社
  • グループヘッドクオーター(エンジニア部門・コーポレート部門など)

楽天の創業は1997年ですが、「グローバルイノベーションカンパニー」の企業理念のもと世界30カ国でサービスを展開する企業に成長しており、現在流通量の総額は15.4兆円、利用者数は1.2億人、日本国内の発行ID数は1億と巨大な規模に成長しています。

さらに、楽天は楽天エコシステム(楽天経済圏)という一つのIDで複数のサービスを利用できる独自のシステムを形成しており、これが楽天の強みでもあります。この楽天エコシステムにより上記の様々なサービスを一貫して使うことができルため、ユーザーはグループ内において相互に何度も継続してサービスを利用することが可能になっています。

新卒で募集されている職種

楽天では以下の職種で新卒の募集が行われています。

幅広い経験が積めるビジネス総合職

ビジネス総合職は、楽天のインターネットサービスやFintech、デジタルコンテンツなど、上記でも解説している全ての事業やプロジェクト、サービスが配属の対象です。それぞれの業界やそれぞれの職種において、多様にキャリア形成を進めていくことができる可能性があります。ビジネス総合職の主な職種は以下です。

  • コンサルティング営業職
  • 企画職
  • マーケティング職
  • クリエイティブ職
  • コーポレート職(人事/総務/法務/経理/財務) など

特定の事業などに限らずに幅広く経験を積みたい場合や、楽天グループ全体について理解を深めてキャリアを形成していきたいという希望がある場合にはビジネス総合職が最も適しています。入社研修後の初期配属は希望や適性を考慮した上で決定されますが、多くの場合は各事業のコンサルティング営業職に従事して楽天グループのビジネスを深く理解したり仕事の進め方を身につけていくことになります。その後、各事業においてそれぞれにキャリア形成の機会が用意されています。

専門的キャリア採用FinTechコース

楽天におけるFin tech事業はクレジットカードの楽天カードをはじめとして、Edyや楽天ペイ、楽天銀行など広くサービスを展開しています。このFin Tech領域において長期的にキャリを形成していきたいという希望がある場合には、この専門的キャリア採用Fin Techコースが推奨されています。

これから社会の金融サービスは大きく変化していくことが予想されますが、その時代に対応したサービスを提供し続けていく必要があり、適応できる人材が求められています。

楽天Fin Techキャリア事業一覧
ペイメント Edy事業・ポイントパートナー事業・楽天ペイ事業
カード 楽天カード推進・楽天カード戦略・加盟店推進・カード企画・編成・海外事業開発
銀行 営業企画・カスタマーセンター・金融犯罪対策・金融事務
証券 マーケティング・商品・サービス企画・資産形成サービス企画・システム・編成・カスタマーサービスセンター・バックオフィス
保険 楽天生命保険・楽天損害保険・楽天少額短期保険・楽天インシュアランスプランニング

 

専門的キャリア採用クリエイティブコース

専門的キャリアクリエイティブコースの採用では、楽天グループの全てのブランドやデザイン、マーケティングを担う仕事に就きたい人材を募集しています。

最新のメソッドを用いて、楽天グループのサービスやプロジェクトの立ち上げを行ったり、サービス改善を支援する業務のほか、デザイン・マーケティング領域のガイドライン策定やトレーニングなどを通じて、社内のマーケターやデザイナーの育成も図られています。

専門的キャリアクリエイティブコース業務内容一覧
企画・プロデュース 楽天グループのブランド・マーケティング活動を推進するための戦略立案や企画
デザイン 商品やビジュアルデザインの観点から進める楽天ブランドの統一化
リサーチ・解析 保有するユーザーデータから志向や行動・特性をリサーチし、サービス改善を進める
プロマネ・ディレクション ブランディングやマーケティングを進めるためのマネジメントやディレクション

 

エンジニア職の新卒募集は即戦力のみ

エンジニア職は、ビジネス系の職種とは全く異なる考え方や採用方法で選考が進められます。2015年までは楽天でも新卒でのエンジニア職採用を行っていましたが、海外で主流であるエンジニアの職種別採用にシフトし現在ではエンジニア職の新卒一括採用は撤廃しています。

2010年に楽天は社内公用語を英語にすることを発表しましたが、このことが世界から優秀なエンジニアが集まる大きな転機となりました。世界では、優秀な人材を採用するのに新卒であるか中途であるかの枠は設けていません。

つまり強みや専門性さえ持っていれば新卒なのか中途なのか、これまでにどのようなキャリアがあるのかということは全く関係なく業務やプロジェクトに参画し活躍していくことが可能になります。これは新卒でエンジニアとして楽天で働きたいと思っている人には大きなメリットであり魅力です。

楽天では、以下の中から希望する業務領域が入社前に決定され、その領域において活躍していくことになります。給与についても持つスキルや経験に応じて決定され、もちろん即戦力として業務に従事していくことができます。

  • アプリケーションエンジニア
  • プロデューサー
  • インフラエンジニア
  • データサイエンティスト・リサーチャー
  • セキュリティエンジニア
  • テクノロジーマネジメント
  • 開発サポート

 

楽天が求める人材はどんな人?

楽天が求めているのはどのような人物像なのでしょうか。三木谷会長のメッセージから、その理想の人物像について知ることができます。

ビジネスは最高のエンターテインメント、価値観を共有できる人と仕事がしたい

私にとってビジネスは、スポーツの感覚に近いものです。たとえばイチロー選手にとっての野球が仕事であって仕事でないように、ビジネスは最高のエンターテインメントだと思っています。

ただ、僕らはあくまで「プロビジネス選手」でなければいけません。だから楽しくやったほうがいい一方で、勝たなくては意味がない。ビジネスに対しても、その意識が重要だと思います。こうした価値観を共有できる人と一緒に仕事がしたい、と考えています。

大切なことは、プロフェッショナルとして「やり抜く」こと。“Get Things Done”、つまり様々な手段を凝らして、何が何でも物事を達成するという強い決意です。目標をクリアできなかった時に「ここまでやったから」と自分に言い訳するのではなく、「どうすれば達成できるか」を考え、そしてまた挑戦する。そこに、ビジネスの面白さがあるのではないでしょうか。

会社は、ビジネスという「フィールド」で一緒に勝負するチームのようなもの。私たちは、そこで働く一人ひとりがいきいきと活躍し、成長できる後押しをしていきたいと思っています。

引用:https://corp.rakuten.co.jp/careers/graduates/message/

  • ビジネスはスポーツ
  • プロとしてやり抜く
  • 会社はビジネスというフィールドで一緒に勝負するチーム

楽天のここまでの成長には、三木谷会長のこのマインドが現れています。楽天で働く人たちは楽天という企業に属する会社員でありながら、一人一人が独立したビジネスを持つかのような在り方でアントレプレナーシップを持ちクリエイティブに価値を生み出しています。楽天にはこのような姿勢で働く人が求められています。

楽天の新卒採用の流れは?

楽天の新卒採用は、職域によって選考方法が異なります。

ビジネス総合職の新卒採用の流れ

ビジネス総合職・Fin Techコース・クリエイティブコースの新卒採用は以下の流れで進められます。

  1. Personal Page登録
  2. Application Form提出
  3. Web Test受検
  4. 面接実施(複数回)
  5. 内定通知

ビジネス総合職・Fin Techコース・クリエイティブコースの新卒採用については特別な応募資格や要件は設定されていません。

エンジニア職採用の流れ

エンジニア職については、前述した通り採用と中途の枠を撤廃して、一貫した採用体制が取られています。

  1. エントリーボタンよりエンジニア職を選択し、Personal Pageに登録
  2. オンラインプログラミングテスト
  3. 面接複数回(スカイプもしくは来社)
  4. オファー 

ビジネス総合職に特別な要件が設定されていない一方で、エンジニア職にはあると望ましい経験として以下のような要件が設定されています。

エンジニア職にあると望ましい経験
  • ウェブアプリケーション経験(Java、PHP、Linux/Unixなど)
  • スマートデバイス関連のアプリケーション開発経験
  • 英語でのコミュニケーション能力

 

楽天の新卒採用選考のポイント・対策は?

楽天の新卒採用選考について、それぞれのステップをクリアするためのポイントや対策について職域別に解説します。

ビジネス総合職の新卒採用選考のポイント・対策

まずはビジネス総合職(ビジネス総合職・Fin Techコース・クリエイティブコース)の新卒採用選考位のポイントと対策についてです。

エントリーシート対策

楽天のビジネス総合職のエントリーシート通過率は非常に高いと言われています。エントリーシートに記載する内容は、その先のステップである面接での鍵となる内容にもなります。

過去の事例を見ると、楽天のエントリーシートでは以下のような設問が課されています。

  • 大学のゼミや研究室でのテーマ、実績について
  • 部活動やサークル活動での経験
  • アルバイトやインターンでの経験

内容も一般的な内容であり、かつ通過率も高いということは実際に会話をしたりアピールをしたりする面接に比重が置かれているとも言えます。エントリーシートで通過することだけを目的にせず、最終的な選考までを視野に入れたエントリーシート作成がポイントになるでしょう。

WEBテスト対策

楽天のWEBテストは、オリジナルで作成されている問題が課されます。過去の事例を見ると、以下のような内容の問題が出されています。

  • 図形の中から指定された図形の数を数える問題
  • 消しゴムを主語として使える動詞を複数あげる

このようなオリジナルの問題の他にも、性格診断問題も課されます。過去の内定者の感触によると、WEBテストもエントリーシートと同様に通過率は高めであるということです。

一次面接対策

楽天のビジネス総合職の一次面接は、過去の事例では面接官の社員1名、面接を受ける学生が3名という集団面接で、30分程度で実施されています。

学生時代に頑張ったことが議題として課され、端的に回答することが求められます。面接官は、一人当たり10分で次のステップに進めるかどうかを判断する必要があるため、端的に結論を述べ面接官の興味を引きコミュニケーションを取っていくことが重要なポイントとなります。

二次面接対策

楽天のビジネス総合職の二次面接は、過去の事例では面接官である社員が1名、面接を受ける学生が1名という、1対1のスタイルで約1時間かけて実施されます。

学生時代に頑張ったことに加えて、困難にぶつかった時の対処についても質問されます。学生時代に頑張ったことについては、頑張ったという経験だけではなく成果を訴求できる人材かどうかが見られます。

困難への対処法としては、困難に陥ったときに自分で糸口を見つけて踏ん張りきれるかどうかが見られます。楽天は日本トップの企業であり、優秀な人材も多い中、さらに成果が期待されるハードルの高い職場です。そんな困難を乗り切っていける人材かどうかの判断が、二次面接のチェックポイントです。

最終面接対策

楽天のビジネス総合職の最終面接は役員である面接官1名と、学生1名で行われます。過去の事例では、この最終面接の前に学生には三木谷会長の著書から共感度の高いコンセプトを選び、それについて理由を記載するというエッセイの提出が課されます。

最終面接で問われる内容は以下です。

  • 学生時代に頑張ったこと
  • 志望動機
  • 楽天に入社してやりたいこと
  • エッセイについて

楽天はグローバル企業ですから、自分自身が規模が大きいことを成し遂げられる人材であること、そのマインドを持っていることをアピールすることが重要です。エッセイについても、三木谷会長の著書の中で自分自身が心から共感でき、さらに自分の体験や経験を重ねて語れるコンセプトをセレクトして最終面接に望むことがポイントです。

エンジニア職の採用選考のポイント・対策

前述しているように、エンジニア職については新卒・中途関係なく選考が行われます。新卒採用ではありませんが、エンジニア職の選考ポイントについても簡単にご紹介しておきます。

一次面接対策

エンジニア職の一次面接は、面接官1〜5名に対し、学生1名のスタイルで行われます。面接時間は30分前後で、最後には学生から面接官に対して質問を行う逆質問の機会も与えられています。一次面接では過去に以下の内容が問われています。

  • ウェブ開発についての知識
  • 過去の開発事例について
  • 学生時代に頑張ったことや志望動機

 

二次面接対策

エンジニア職の二次面接は、面接官1名に対し、学生1名で行われます。30〜40分程度の面接で過去には以下のような質問が課されています。

  • これまでの開発経験
  • 志望動機
  • エントリーした部門においてやってみたいことをアピール
  • ホワイトボードでアルゴリズム問題を解く

面接によって内容も異なるため具体的な対策を事前に完璧に立てておくことは難しいですが、二次面接は和やかな雰囲気で進むため緊張せずに自分の力を発揮できるように臨むといいでしょう。

三次面接対策

エンジニア職の三次面接は、面接官1人、学生1人で30分程度で行われます。入社してどんな開発をしてみたいのか、楽天の中でどんなキャリアパスをイメージしているのかというような技術面以外のことが問われます。

三次面接は最終面接である場合が多く、面接官は技術職ではない役員クラスです。そのことを念頭に置き、わかりやすい言葉で自分を表現できるように対策をしておくといいでしょう。

楽天ではどんな人が働いている?

楽天ではどんな人が働いているのでしょうか?楽天で実際に働く人の声をご紹介します。

営業職・20代
営業職・20代
女性の働きやすさ(育休・産休制度など)
お子さんがいらっしゃって時短で働いている人も多いく、ママさんにとっても働きやすいという声をよくきく。役員はまだまだ男性多数だが、マネージャーなど女性で活躍している人も多い。最近では、子供が理由で出社できない場合は申請を出せばリモートワークなどもできるようになり、制度として導入も開始された。入社4年目になるが、特に女性だからという理由でなにか不快な思いをしたり機会を失ったことはなく、会社全体として男女イコールの文化は根付いていると感じる。女性でバリバリと働きたい人にとっては良い環境だと思う。
エンジニア職・30代
エンジニア職・30代
年収・給与(給料)・ボーナス(賞与)
年2回の評価により査定がきまる。ボーナスもおなじ。昇給の仕組みは絶対評価と相対評価の複合型だと思われる。なので半年ごとに目標やkpiを立てて、振り替えって評価が決まるような感じ。給与は日本のwebエンジンの平均よりは上だと思われます。エンジニアでも営業職でもランクがあって、もちろんそれによって幅があります。上の方のクラスは高給なります。評価制度は人事は力入れ続けており改善されてきたし、進行形と感じる。リクルートや他の企業の良い点は取り入れつつ、またグローバルで多国籍な会社になっているので、評価もそれに見合うように変化してきている。
営業職・20代
営業職・20代
休日休暇
【長期休暇の取得】もちろん部署にもよるが、休暇自体は取りやすい方だと思う。新卒やECCなどの営業系はわからないが、3年ほど勤めて部署異動した際などは有給休暇もたまっているので2~3週間のまとまったお休みもとれる。正直基本は5連休に土日がついて、9連休がマックスだと思っていたがそんなことはないようだ。とくに海外の人も多いので年末年始は中旬ごろからいなくなる人が多く、最終出勤日まで出る人はなかなかいない。
営業職・20代
営業職・20代
事業での社会貢献
雇用を生み出し、取引先の成長を後押しをしている。
そのため、取引先の雇用を生み出し、また自らの会社の雇用を生み出す。この雇用のサイクルが税収にもなり、日本社会へ貢献をしている一番のことであると私は思う。

引用:カイシャの評判

楽天はどんな職場環境?

楽天の職場環境は非常に充実しています。働く人が作り出している雰囲気などの文化や、オフィス自体の環境、さらには福利厚生も手厚いのが特徴です。その一部について簡単にご紹介します。

楽天のカルチャー

楽天では、以下の内容を企業文化として取り入れ大切にしています。

  • DIVERSITY(ダイバーシティー)
    世界70カ国からの雇用、女性活躍や育児との両立支援、障害者雇用やLGBT支援など。
  • ENGLISHNIZATION(イングリッシュナイゼーション)
    社内共通言語の英語化を2010年にスタート。
  • ENTREPRENEURSHIP(アントレプレナーシップ・起業家精神)
    組織が巨大化しても新しい事業を興そうというアントレプレナーシップを醸成、プロジェクト6という6人のチームで6つのプロジェクトを素早く組み立てて実現させようという2012年に始まった試みから、楽天Payやラクマなどが生まれている。
  • ASAKAI & DESK-CLEANING(楽天が受け継いできた“伝統”、朝会とデスク周りの掃除)
    目先の大きな仕事にとらわれて目の前の小さな仕事を見落とさず、常に当事者意識を持つための取り組み。

 

オフィス環境

二子玉川の楽天クリムゾンハウスのサービスが充実しています。

  • 朝、昼、晩すべて無料のカフェテリアで、健康的な食事を提供。
  • ジムでは体を動かしてリフレッシュできるように最新設備を完備。
  • 科学実験、多様性を考える教育を取り入れた託児所や調子がすぐれない時に気軽に相談に行けるクリニック

金銭面だけではなく、仕事の中での日々を大切にすることを目的として社員の心身の健康を支えるための設備やサービスが展開されています。

評価・研修制度

楽天では、独自の研修制度と評価制度が取り入れられています。

研修プログラム

 

  • 階層別研修
  • ビジネススキル研修
  • Englishnization next

この3種の研修プログラムが構築されており、それぞれに段階を追ったプログラムが用意されています。

キャリア育成

スタッフ一人一人が楽天という企業の中でキャリアを育成していくために、以下のような制度が取り入れられています。

  • 1on1ミーティングによるフィードバック
  • 社内オープンポジション制度(内部の人材を新事業に活かすための仕組み)
  • グローバルリーダー育成

 

楽天主義を反映した評価制度

  • 仕事のプロセスにおいて社員が発揮した能力(コンピテンシー)→月額給与が決定
  • 残した成果(パフォーマンス)→業績賞与が決定

この評価制度が半年に1回施行されています。社員の勤続年数を無視し、能力や成果に応じて正当な評価が受けられる仕組みづくりが行われてきました。

 

福利厚生

楽天の福利厚生は非常に充実しています。

SUPPORT・サポート

  • 通勤交通費
  • 従業員持株会制度
  • スポーツクラブ法人会員
  • ビザサポート
  • リロケーションサポート
  • 仕事と育児・介護の両立支援サポート

SERVICE・サービス

  • カフェテリア(朝食・昼食・夕食無料)
  • ライブラリ(個人学習スペース)
  • コンビニエンスストア
  • クリムゾンクラブ(有料レストラン)
  • フィットネスジム
  • 「Rakuten Fitness Club &Spa」(有料)
  • ヘアサロン「Rakuten Hair Salon」(有料)
  • ランドリーサービス「Rakuten Cleaning」(有料)
  • マッサージ&鍼「HARI-UP」(有料)

イベント

  • クラブ活動
  • 納会
  • ファミリーデー など

 

まとめ・世界で活躍できる楽天・新卒採用を目指そう!

日本のトップ企業の一つである楽天の、新卒採用のポイントについて解説しました。簡単にポイントをまとめます。

楽天の新卒採用・まとめ
  • 楽天の新卒採用ではビジネス系の総合職・専門職と、エンジニア職に分けて採用が行われている
  • 楽天のエンジニア職は新卒・中卒の枠にとらわれず一括した採用が行われている
  • 楽天のビジネス系職種選考では、ESとWEB受検は通過率が高いが、二次面接からは本格的なアピールの場に
  • 楽天エンジニア職はこれまでの経験やスキルを元に採用が行われ、即戦力として働く人材が採用される
  • オフィス環境や研修評価制度、福利厚生が充実しているため長く前向きに働ける
  • 楽天に入社後は優秀な人材が多く厳しい成果が求められる反面、グローバルに活躍する人材としてキャリア形成していくことが可能

楽天に入社することは非常に難関ではありますが、ポイントを抑えて選考に臨むこと、そして選考でアピールできる自分だけの経験や体験を蓄積しておくことで十分に内定のチャンスがあります。ぜひ挑戦してみてくださいね。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で採用bank/新卒・中途の採用支援をフォローしよう!