博報堂への中途採用希望者必見!内定をつかむマニュアル集 | 採用bank
業界・企業分析

博報堂への中途採用希望者必見!内定をつかむマニュアル集

博報堂は有名な大手広告代理店です。そのため、博報堂の中途採用に応募するライバルは多く、並大抵の対策ではほぼ確実に不採用になるでしょう。しかし、しっかりと対策を行えばあなたも十分内定をつかみ取れる可能性があります。そこで今回は、博報堂が募集している職種を初め、博報堂が求めている人物像や面接の対策マニュアルなどを具体的に説明していきます。

博報堂が中途採用で募集している6つの職種

そもそも博報堂はどのような職種で中途採用を行っているのでしょうか。博報堂が募集している6つの職種について、具体的に説明していきます。

プロデュース関係

主な仕事内容は、クライアントのマーケティング課題を解決するために戦略の立案から実施までをプロデュースすることです。他には、システムの構想や計画、そして導入や管理なども担当します。システム領域の専門性や経験があり、他の職種メンバーとの協働を楽しめる中途者を求めています。

開発関係

主な仕事内容は、マーケティングデータの解析やマーケティングシステムの企画から開発などです。他には、M&Aの戦略立案やWebサービスの企画・開発を担当します。サービスの開発の企画やプロデュース経験があり、オブジェクト指向などプログラミングの基礎を理解している中途者を募集しています。

戦略関係

主な仕事内容は、事業投資戦略の立案や実行、そして中期経営計画の実現に向けて経営企画などです。他には、IT基盤や業務アプリケーションの企画から運用も担当します。

戦略または経営関係のコンサルティング会社出身であり、事業戦略の立案業務経験者を募集しています。

ベンチャー企業投資

主な仕事内容は、外部連によるイノベーション加速に向けて、ベンチャー企業やグループ会社の投資業務全般を担当します。投資案件やベンチャーキャピタルの実務経験があり、チームプレーを得意として、コミュニケーション力に自信がある中途者を募集しています。

ストラテジックプラニング

主な仕事内容は、クライアントの戦略企画から実践、各種消費者調査やデータ分析などです。経営・事業戦略の企画立案やプロジェクト推進の経験がある中途者を求めています。

法務

主な仕事内容は、広告関連法規の契約交渉や控訴対応などの法務関連業務です。他には、国内外のM&Aや新規事業立ち上げの推進を専門家として担当します。法務実務経験があり、体系的な法律学習の経験がある中途者を求めています。

博報堂が求める3つの人物像

博報堂はどのような人物を求めているのでしょうか。人事局の方のインタビューを参考に、博報堂が求めている人物像を具体的に説明していきます。

スピード感があり多様的な視点で物事を見られる人材

昔に比べてスマホやインターネットを使いこなす生活者は、受動的ではなく主体的に行動・発信するようになりました。その中で博報堂の人事局の方は、世の中にはない革新的なサービスやメディアを創る会社が求められている、といいます。また、そこで必要なのは、新しい感性とスピード、と述べられていました。そのため、世の中の流行を瞬時にとらえ、多様的な視点で物事をとらえられる人材を博報堂は求めている、といえるでしょう。

生活者に寄り添える人材

博報堂は「生活者発想」という哲学があります。なぜなら、常に生活者は私たちにアイデアを与えてくれる発想の原点だから、だそうです。そのため、博報堂は生活者と同じ目線に立つことで、クライアントと生活者の架け橋になることが重要と考えています。また、クライアントが抱える課題解決のカギはいつも生活者が握っている、と述べていました。そのため、常に生活者に寄り添える人材を博報堂は求めている、といえるでしょう。

クライアントと同じ目線で仕事に臨める人材

パートナー主義はビジネスの原点、と博報堂はいいます。そのため、博報堂は生活者だけではなく、常にクライアントと同じ目線で課題に取り組んできました。実際、生活者が速いスピードで変化したため、クライアントが抱える課題も徐々に難しくなってきているそうです。

 

それにより、博報堂は戦略から実施、マーケティング活動全体に関わるソリューションを提供していく必要があると考えています。そのため、常にクライアントと同じ目線で仕事に臨める人材を博報堂は求めている、といえるでしょう。

博報堂の中途採用における選考フローと面接対策

博報堂で内定をつかみ取るには、面接対策をしっかりと行うべきです。この段落では選考フローや面接対策について具体的に説明していきます。 

選考フロー

中途採用の場合、下記のようなステップで選考が進んでいきます。

  1. ES
  2. Webテスト・SPI
  3. 一次面接
  4. グループディスカッション
  5. 最終面接

上記の選考フローは総合職の選考フローです。職種によっては、若干異なる場合もありますが、おおむね上記の5ステップで選考が行われます。

過去に聞かれた質問内容と回答のポイント

博報堂の中途者向け面接では主に「課題解決のアイデアを出してください」というように、実戦形式の質問を投げかけられる傾向があります。それでは、過去に聞かれた質問内容と回答のポイントについて具体的に説明していきます。

現在の日本についてあなたはどう思いますか?

この質問は、しっかりと現代社会の流れを把握している人かどうか、を見極めている可能性があります。課題の提示だけではなく、解決方法とその案を実践した結果どうなるのかまで答えられると良いでしょう。

世の中の「もったいない」と、それを解決するアイデアを教えてください。

1つ目の質問と同じような意図で聞いている、と考えられます。課題の提示から解決方法までを答えるのはもちろん、可能であれば博報堂の強みと生かして課題の解決策を上げられるとなお良いでしょう。

なぜ競合他社を選ばなかったのか?

弊社は滑り止めではないか、本気で入社しようとしているか、を見極めている可能性があります。博報堂の競合他社を調査し、博報堂でなければいけない理由を答えられると良いでしょう。

博報堂で実際に働く人の声

博報堂で働いている人は実際どのように感じているのか、みなさんの声を紹介していきます。

企画・事務・管理系
企画・事務・管理系
年収はボーナスも合わせるとかなりいただけていると思う。新卒のスタートとしても一般的な新卒の初任給としては3割ほど多いイメージ。ボーナスもしっかりとだしてもらえるので生活に苦がでず、自分磨きにしっかりとお金が使える。お金の余裕はこころの余裕にもつながるのでとてもありがたい。目標への達成度、チームの達成度合いによって昇給や手当などが変わってくるが、その分頑張りがいもある。残業代もしっかりでるのでサービス残業になることは滅多にない。
営業系
営業系
わたしはこの仕事が大好きで、とてもやりがいがあったので、勤務時間が長くなってもつらくなかったです。波はありますが、忙しい時は本当に忙しいです。でも、1人だけではなく、みんな忙しいので、わたしも頑張ろうと思えたんだと思います。会社の規模的にもたくさんの大きい案件が与えられると思いますので、多少忙しくてもやりがいは大いに感じられると思いますよ!本当にそれが苦しかったら、辞めるのもいいと思います。無理はせず。
クリエイティブ系
クリエイティブ系
特に問題なく業務を遂行していたので、業務内容と給与のバランスが最高だと思う。フレックスで帰りも業務が進行しなければ帰宅。

引用元:カイシャの評判

協調性があり柔軟性がある人は博報堂で活躍できる

協調性があり、自らを柔軟に変化させられる人は、博報堂が合うといえるでしょう。博報堂は、求める人物像を明確にしていません。なぜなら、求める人物像を明確にしてしまうと同じような人材があつまり、同じようなアイデアしか生まれない可能性が高いからです。そのため博報堂は、広告業界の経験やスキルがない人も受け入れています。

そうすることで、色々な切り口からアイデアを作り上げられるからです。このように博報堂は、さまざまな価値観を持ったメンバーを集めています。そのため、もしかしたら自分とは、真逆の価値観を持っている人と仕事をする場合もあります。そんなメンバーとも協力でき、ときにはそのメンバーの価値観に自分を合わせられるような人であれば、博報堂できっと活躍できるでしょう。

博報堂の平均給与や福利厚生を紹介

博報堂は大企業なので、給与や福利厚生も気になりますよね。そこでこの段落では、博報堂の平均年収や福利厚生について具体的に説明していきます。

平均給与は1,060万円

有価証券報告書によると、博報堂の平均年収は1,060万円でした。一時期は、平均年収が下がっていましたが、テレビスポットでの出稿やインターネット広告により平成28年を境に平均年収は右肩上がりになりました。職種によって異なりますが、人によっては30代後半で年収1,000万円に到達する可能性もあります。

大企業ならではの充実した福利厚生

大手広告代理店の博報堂は、下記のように福利厚生も充実しています。

  • 法定福利厚生完備
  • 通勤、住宅手当
  • 人間ドッグやストレスチェック
  • ベビーシッター代補助や介護休業
  • 社員旅行や部活動
  • バースデー休暇やアニバーサリー休暇

上記の福利厚生は一部ですが、口コミや求人情報を見てみると数十種類の福利厚生があり、まさに大企業ならではの充実感でした。

博報堂の中途採用を受ける前にもう一度チェックしよう

博報堂で働きたい、活躍したい、と思う中途者は多いと考えられます。その中で内定をつかみ取るには、採用担当者に「ぜひ博報堂に来てほしい」と思われることが必要です。もう一度記事を確認して、ぜひあなたも博報堂の中途採用で内定をつかみ取りましょう。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で採用bank/新卒・中途の採用支援をフォローしよう!